不登校から、家が生き地獄になるまで。

コメント:3件 閲覧:123人 最終更新:1 ヶ月前 作成者:Hamochi

おはようございます。そして、初めまして。
Hamochi(はもち)と申します。

ただただ思いの丈と今までの事を綴りに綴りたかったために
本文がとても長くなりました。

それでも最後まで読んで下さると 本当に嬉しいです。

────────────

現在私は中学二年生で、中一の冬休み明けくらいから不登校になり始めました。
上には4歳年上の姉がいて、正しく今が受験勉強真っ盛りの時期。
父はがんで私が2歳の頃に亡くなってしまい、母と姉と私とで生活しています。

私が不登校になったきっかけは…はっきり言って全く思い出せません。

というのも、
小学生の頃から 自分にはすぐに都合の良いように嘘をつく癖があって、自分の中で逃げやすい様に勝手に内容を変えてしまっているからなんです。

いわゆる虚言癖というものなのでしょうか。 自覚はあるんですが、良いように嘘をついてしまう。
結局後日、つじつまが合わなくなって 嘘をついた相手に責められる。
分かってる、分かってはいるんですけどね…本当に辛くて仕方がないです。
自分も苦しいし、相手も苦しめるしで 1ミリも幸せになれない。

本題です。
中学一年生になった頃、小学生まで一緒だった友達をほとんど失いました。
私がいた小学校は クラスの八割以上の子が中学受験を目指していたからです。

始業式の後、教室の隅で一人絶望していました。
ただでさえ友達が少なかったのに、まさか失うなんて。
先生の話なんて 一つも頭に入ってこなかったのを今でも覚えています。

頭もさほど良くなく、中学受験ってなんのこっちゃらとしか思っていなかったから、
突然の急転落が 本当に予想外すぎたんだと思います。

それから私は更に内気で、根暗で、とにかく暗い人間になりました。
教室でも常に一人で過ごしてて、友達もあまり近寄ろうとはしてこなかった。
誰も悪くないけれど この時点で十分心がしんどくて。
「でも、我慢しなきゃ。これが中学校の辛いとこなんだ。乗り切って当然なんだ。」と自分に言い聞かせていました。

部活動は、放送部に入りました。
友達が芸術部に入ると聞いていましたが、敢えてやってみたかった放送部を選びました。
やってみたい事をやれば 少しは楽しくなるかと考えたからです。

ここが最初の間違いでした。

部活の中でも私は一人ぼっちになりました。
同じ学校の友達は放送部におらず、別の学校の女子の仲良しグループが入っていました。
当然そこに馴染めるはずはなく 気づけば朝の放送当番に行くことも辛くなり、休部という形で私は放送部から逃げ出しました。

自分から行きたいって言い出したのに、この始末。

親にも言えないまま事態は余計悪化して、気づけば冬休みの終わり頃。
私が心に凄く強い不安を抱いていました。
三学期も、また一学期二学期と同じような思いをしなきゃならないのかな、とばかり。

三学期、私は徐々に学校を休み始めるようになりました。
母と姉からはとても心配されました。
一学期と二学期はなんだかんだほとんど休まなかったのが あったのかも知れません。

1月の終わり頃 とうとう学校に全く通わなくなりました。

一日中自分の部屋で毛布にくるまりながら タブレットを触っていて、リビングに出てくるのは朝昼晩とご飯を食べる時とお風呂の時だけ。
夜更かしも頻繁にするようになりました。

母からは、学校に行きなさい これから学ばなくなってどうするの の繰り返し。
本当に鬱陶しくて、辛いよりも苛立ちの方が強かったと思います。
姉にこの事を話すと、「仕方ないよ はもちの事を思って言ってくれてるんだから、どうしても鬱陶しいと思うなら 言われてるだけまだ幸せなんだと思っとき」と言ってくれました。

それでも行く気になれず、誕生日が終わった5月の終わり頃。
母の言葉は更に強く きつくなりました。
部屋に閉じこもって泣く事も本当に増えました。
勉強をする気も一切無くなり 一日中ネットとゲーム三昧になりました。

そして今日の9時頃

わざわざ家に来てくれてる友達の思いをなんだと思ってるの
それでも行く気がないなら家から放り出す
もうお母さん はもちを育てるの放棄しようか 施設に連れてこうか
二人暮しの方が楽だし お姉ちゃんはまだまともな人間だし
でもあんたは変わらんもんね
家で遊んでばっかり 学ぼうともしないしずっと引き篭って何が楽しい?
家にいてもなにもせんし
あんたはクズ人間よ

と言われました

しばらく放心状態になりました
何も考えられなくなって ひたすら泣きました

母が言った事は 何一つ嘘が無かったからです。

死にたいとは思いませんでした
ただ 自分のせいで周りまで巻き込んで苦しめている事をやっと理解出来ました

嘘をつき続けて 現実から逃げていた私が
心の底から理解出来たことでした

それと同時に

とにかく認めてもらいたくて 「辛かったね」って抱きしめてくれて 自分は悪くないと思ってくれる相手をずっと探していた私を
強く恨みました。

これから
どう生きていけばいいのでしょうか

◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
当サイト初代管理人「たかれん」が立ち上げたフリースクール『Riz』では、元不登校生たちが中心となって子どもたちの居場所づくりをおこなっています。東京にスクールを構えるだけでなくオンラインサービスもおこなっているので全国どこにいても利用できます。ただいま生徒募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

コメント一覧

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • モモコ

    悩みの解決は、自分自身なのでしょう。
    必要としてくれる人が、居ると思います。
    当たり前が、当たり前じゃ無いとか・・・。
    迷惑は、掛けても良いのです。
    どうしてほしいのでしょうか?
    愚痴や不満を、吐いて下さい。

  • 結月ゆかり
    結月ゆかり
    ティーンズプレイスメンバー

    私も、モモコさんと同じ意見です。

  • Tadayoshi Watanabe

    はじめまして。話は聞きました。

    私からお贈りしたい言葉として、
    「学校はまちがうところだ」と
    いう言葉があります。

    人間、最初から過ちを犯さずに
    生きてこれる人間などいないの
    です。間違った時に怒られる事
    でそれを間違いだと認識する事
    で成長するものです。学生時代
    ってのはそういう時代でもあり
    ます。
    だから、学校はまちがうところ
    なんです。間違って、怒られて
    それで反省して成長する場なん
    です。

    大体、50代になっても成長のない
    人間と違って、あなたは学生時代
    に自己反省を出来るようになりま
    した。ということは、これから
    素敵な大人になる事は十分できる
    ということです。

    今時点で自分自身
    に関して結論を
    出さないでください。人間は、
    学ぶとか真似るという事も出来る
    のですから。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)

コメントを残す

このトピックに返信するにはログインが必要です。

このトピックと一緒によく見られているトピック

フリースクール「Riz」の新着ブログ

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!