どうすればいいのかわかりません·····

コメント:5件 閲覧:65人 最終更新:4 週間前 作成者:shin

愚痴というか、とりあえずどこかに気持ちを吐き出したくて投稿させていただきました。
新学年になって、だんだん学校に行くのが辛くなりました。初めの方は大したことなくて、いつもみたいに休日明けに嫌だなあと思う程度だったのですが、最近は玄関を出ようとすると突然お腹が痛くなったり、教室に入ると吐きそうなくらい動悸がして…それが止まりません。夜も、教室やクラスメイトの様子を想像するだけで血の気が引くような感じになって、「絶対に行けない!どうしよう」という気持ちになります。なんとか学校に行っても、もう一限前後で気持ちの限界が来て保健室を使ってしまいます…話すのは苦手だけど、クラス替えのあとも周りと普通に話せているはずなんです。何人か苦手な人がいるって言うのはあるんですけど…勉強だって大丈夫だし、生徒会にも入ったし、去年はこんなことありませんでした…。いじめられている訳でもないのに、仮病使って休んで、学校に行きたくないって…ずるい自分が嫌で嫌で仕方ないです。自分より辛い人も頑張ってるかもしれないのに…。授業は受けたいのに、教室に入れません。この間は学校で何故かわからないのに突然泣いてしまって、普段学校で私は全然そんなタイプじゃないんです。この間とうとうクラスの女子グループに面と向かって「ズルするのは違うからね。分かってる?」と言われてしまいました。その通りですよね…
せっかく今までいい成績だった勉強もしたいし、選挙までした生徒会も休んじゃいけないのに。部活も私は文化部だから余裕があるはずで、周りのみんなは自分が休んでる時もっと頑張ってるのに。何年か前に、部活でも同じ状態になって行けなくなったことがありました。たくさん道具も買ってもらったし先輩達もみんな優しくしてくれたのに結局やめてしまいました。その時に母ともうこんな風にはならない、って約束したんです。私が弱すぎるのが悪いんです…
教室にいるのが、教室の騒がしさの中にいるのが本当に辛くて、気持ちは一刻も早く保健室に行きたいのですが、周りや先生に仮病だと思われるのが怖くて、話してくれる子と距離ができるのが怖くて、まあもうバレてると思いますけど…
自分で言っても嫌味なんですが、周りのイメージだと、私はかなり全校で目立ってる方だし活発な方なんだと思います。番数も体力テストもよかったし、生徒会に当選させてもらって、話せる子もできてさあここからってつもりだったんです。
最近は眠れないし夜中も何度も起きてしまうし、今日の朝も「大丈夫。学校行けるから」と家族に伝えて家を出て、でもいざくるとやっぱりダメで、クラスの人と会いそうになっただけで家に帰ってきてしまいました。結局その後で学校まで送ってもらったのですが、休み時間の度にトイレにこもっていました。教室に居られないんです。保健室に行きたいのですがうちの学校は1日1時間と決まっていてそれ以上は授業に出るか早退かなので…早退でうちの人に迷惑をかけたくないし、保健室に行っていることも隠しています。朝も生理痛だと嘘を吐きました。保健室に行ったあとだと教室にも戻るのが怖くなって、そもそも保健室は体調が悪い人のためなのに…
どうすればいいのかも、自分がどうしたいのかもわかりません。
長々とすみません。本音を話せる人がいないのでとりあえず全部書きました…同じような気持ちの方、いるのでしょうか?
吐き出せただけでもすっきりしました。
もし読んでくださった方がいたら、ありがとうございました。

◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
当サイト初代管理人「たかれん」が立ち上げたフリースクール『Riz』では、元不登校生たちが中心となって子どもたちの居場所づくりをおこなっています。東京にスクールを構えるだけでなくオンラインサービスもおこなっているので全国どこにいても利用できます。ただいま生徒募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

コメント一覧

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • NOMED
    NOMED

    おそらく・・・オン・オフが、できていません
     
    人は誰しも演じています
     
    ある人は親の前では「良い子ども」、後輩の前では「良い先輩」、ご近所の人には「良い娘」
     
    それは、自分が良い人間に見られたいから・・・ではなく、その相手が良い気持ちでいられてるために演じるものなのです
     
    もしも、自分が他人に良い人間に見られたい・思われたいと演じていたら、その目的も自分のためなので演じているのではなく、気を張っているだけなので、オンとオフができないのです
     
    『あえて私は、相手のために演じているのだ』と意識すれば、それがオンなのです
     
    無理に良く見られようと気を張る行為は、オンではないのです
     
     
     
    オフは、そんな相手がいないときにします
     
    通学途中、家庭内、自分の部屋、気が許せる親友との時間・・・など、演じなくても良い時間を意識してオフにしてください
     
     
    つまり、うまくオンとオフの切り替えができていない状態で、場所(保健室・トイレ)によって不自然に切り替えるようになっていますから、意識して演じる(オン)、今は演じない(オフ)ができるように練習しましょう

  • shin
    トピック作成者

    ありがとうございます。
    少し、気を張りすぎていたかもしれません…
    気持ちの切り替えを大事に、ゆっくりしていこうと思います。
    気持ちが落ち着きました。ありがとうございました…

  • NOMED
    NOMED

    オン・オフ なれれば大丈夫です
     
    人は「自分のため」なら、どこまでも怠けてしまう動物ですし、ズルもします
     
    しかし、「その人のため」というスイッチを押せば、頑張れるものです
     
    もちろん中には、この「人のため」がどこまでも理解できない人も存在します
     
    例えばですが、歩いている道に空き缶が落ちていないのは、誰かが拾っているからです
     
    誰でも座れるベンチにゴミがないのは、誰かが代わりに見つけて捨てているからです
     
    実はこの世は、この「人のため」で回っているですが、気づいている人は少なのです
     
    空き缶を捨てるバカもいますし、ベンチにゴミをそのままにして立ち去るバカもいます
     
    しかし、人のためスイッチを入れて、ゴミを片付けて、気持ちの良い時間を過ごせる人もいます
     
    自分のためなら拾わない人がほとんどの世の中になります
     
    このような、少しの日常に転がっているオン・オフもあるのです
     
    おそらく教室や学校は人が多すぎて、「人のため」の対ひとスイッチが多くあるので、最初は戸惑うかもしれませんが、授業中もオフにすれば良いし、できるだけオフにできる友人を探すのも良いでしょう
     
    オフの時間は自分のためスイッチで良いと思いますし、ときには良い人に思われたいというときもありますから、そこは気を張ることも必要です
     
    まだお若いので、まだまだ自然にオン・オフができないとは思いますが、これは訓練ですから、まずはオフの時間を楽しめるようになるほうが、気が楽かと思います

  • 結月ゆかり
    ティーンズプレイスメンバー

    はじめまして、SHINさん。
    私も今までは、そうでしたから、よくわかります。
    それに、学校が楽しく感じたりするのは、ゆーーーーーっくりで
    いいんです。
    誰にでも自分のペースがあるのですから。
    SHINさんが楽しく過ごせますように。
    結月ゆかり。

  • mother

    読ませていただきました。SHINさんは真面目な方ですね。そして、ご自分で自分を苦しめていることに気づかれてないなと感じました。

    学校では自分はどういう存在になっていたいですか?どういう風に友達から見られたいのてしょうか?

    知らず知らずに、「こうあるべき」と理想像を作ってしまい、出来てないからご自分を責めているように感じます。

    文面にもありますが「生徒会休んじゃいけない」「弱すぎる自分がいけない」生徒会で自分が頑張らなきゃいけない、やらなければいけないと決めつけてませんか?

    生徒会休んじゃいけなない、ではなく「今日の生徒会は自分は発言やリードすることお休みして、誰かに任せよう」それでいいんです。生徒会休んじゃいけないけど、今日は頑張るのお休み。

    学校にいかなきゃいけない、授業にでなきゃいけないけど、今日は真面目に勉強するのお休み。

    お友達と会話するけど、相手に合わせるのはお休み。

    ちょっとづつお休みを学校内で作ってくださいね。全部頑張らなくていいですよ。それよりも、「自分が、頑張らなくてはいけないことがどれなのか」を、探す方を頑張りましょう。

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)

コメントを残す

このトピックに返信するにはログインが必要です。

このトピックと一緒によく見られているトピック

フリースクール「Riz」の新着ブログ

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!