親も知らない私の記憶

こんにちは。

ネタがなくてあまり投稿していなかったんですけど、今回は考え事をしていたら思いついたので、シェアをしたいと思います。

 

じつは、親が覚えていないような記憶、思い出があるんです。

しかもその記憶が多分自分が1、2歳くらいの時のものなのです。

私の普通は、そういう思い出などは親が覚えているんですけど、

この記憶だけ、誰も覚えていないのです。

覚えているのが、本当に少しなんですけど、

その時、ベビーカーに乗ってて、親と一緒に

友達?姉?(姉にしておきましょう)の遠足を見送っていました。

姉は自分のクラスと遠足に行くことになってました。スクールバスで。

そして、私は今住んでいる場所から一時間半くらい電車で行ったところで見送っていました。

自分でもおかしいと思います。

さすがに夢じゃない?って自分で思うんですけど、夢でも、そんなものをみたことがないんです。

昔起きたことは出てこないんです。

 

その親、実際は「思われる」ですが推測で話を進めさせてもらいました、は本当に今の親に似てはいるんですけど、違う人でした。

本当のところ、「あんただれ?」っていう気持ちなんですけど、

その頃の自分はわかっていなかったものですから。

 

夢かもしれません。現実かもしれません。

信じるか信じないかはあなたたちが決めてください。

もしかしたら、前世の話かもしれません。

 

この話を親にするたび、同じ答えが出てきます。

「え、(私)が生まれた時はOXにすんでいなかったよ?そんな記憶、夢じゃないんかな。」

◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
当サイト初代管理人「たかれん」が立ち上げたフリースクール『Riz』では、元不登校生たちが中心となって子どもたちの居場所づくりをおこなっています。東京にスクールを構えるだけでなくオンラインサービスもおこなっているので全国どこにいても利用できます。ただいま生徒募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

関連ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


ページTOP