卒業を前にして

こんばんは。☀ゆきるま⛄です。

お久しぶりですね。げんきにしてましたか。またこうして皆さんに会える機会をいただけて嬉しいです。

しばらくブログを書くことが出来なかったのは、体調を崩してしまった為です。なかなか顔を出せず申し訳ありませんでした。

3月31日を持って、「☀ゆきるま⛄」はティーンズプレイスを卒業します。

ですので、この「居場所」への思いを綴らせてください。

中学校時代不登校だった僕にとってここは唯一の居場所だった

本当にその通りでした。悩み相談は身内はもちろん、学校の先生にだってできる状態でなく、自傷行為は日常茶飯事でしたから。

学校から来る相談フォームのカードも使う気になれず、そういう意味では「生きる意味を無くしていた」時でした。

僕が最初に出会ったサイトこそ「ココトモ」でした。そこからこのティーンズプレイスに来て、たくさんの悩みを聞いてもらいました。

気づいたことは、「僕だけじゃない」、そして、「一緒に悩んでくれる」。当たり前の事ながら、人間一つや二つ悩みはあります。自分しか見えていなかった僕にとって、この気づきは大きく変わるきっかけとなりました。

 

高校生になって生活が一変、高校デビューを果たし、誰かを支えたいと思うようになった

高校生になり、人間関係をリセット。友達に囲まれ、楽しい毎日を送りました。心に余裕がなかった中学校時代と違って、高校ではしばしば友人の悩みを聞くようになりました。

辛い経験をした自分だから友達の悩みもわかってあげられる。

その事に気が付きました。ならば、今度は悩みを聞く側になろう、誰かを支えよう。

そう決意し、メンバーに入りました。

実際自分がどれだけこの場所に貢献出来たかは分かりません。

けれど、悩みを聞く、個人の見解を話す。その機会があったことで僕自身とても成長しました。

 

終わりに

夢を諦める事を決意した今、ちゃんと進んでいけるか不安だし、挫折しそうな気持ちでいっぱいです。

成功するものもいれば失敗するものもいる。それを痛いほど感じた最後でした。

僕は皆さんに、今一番思っていることを伝えます。これは今まで、ずっと僕を苦しめていた言葉です。

「心配かけたくなくて教えなかった。迷惑かけたくなくて言わなかった。あなたは動揺するから黙っていた」

ばあちゃんが倒れた時、親戚の容態が急変した時。みんなは知っていたのに、僕だけ知らずに能天気に生きていた。僕は能天気に生きていた時間を恨み、自分で呪いのようにその言葉で拘束されていました。

意識的に、自分を苦しめていました。

だから皆さんにお願いしたいこと。

ここでは、素直に全てを話して欲しい。ちゃんと聞いて、わかってくれる人が待っているから。

知らないことは幸せです。だって知らないまま時が過ぎてくれるから、苦しさなんてないんだから。

でもね、それでも教えて欲しい。悩みのない人なんていない。何も言わないまま、いなくなってしまうのはすごく悲しいから。

迷惑なんかじゃない。生きているだけで偉いねって。だから辛いこと、苦しいこと。生きるために話してよ。

今日という日を生きている。それだけであなたは十分偉いよ。

 

僕は今だって間違った選択をするし、たくさん人を傷つけていると思う。どんなに気をつけたって、それは起こってしまう。

自分が悪かったこと、本人にどうしても言えないことはここで話せばいい。必ずわかってくれるから。

3月31日まであと1ヶ月、その時間を大切に過ごしたいと思います。

 

多くの人にこの思いが届きますように。

☀ゆきるま⛄

◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
当サイト初代管理人「たかれん」が立ち上げたフリースクール『Riz』では、元不登校生たちが中心となって子どもたちの居場所づくりをおこなっています。東京にスクールを構えるだけでなくオンラインサービスもおこなっているので全国どこにいても利用できます。ただいま生徒募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

☀ゆきるま⛄
☀ゆきるま⛄

☀ゆきるま⛄です。中学校では不登校×保健室登校でした。今は高校で友達に囲まれてわいわいしながら勉強できています。それもこのサイトに出会えたからだって思ってます。今度は僕が誰かを支えます。 いつを大切に生きたいですか? ...

プロフィール詳細はこちら
☀ゆきるま⛄が最近書いたブログ

関連ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


ページTOP