この夏、私は後悔をやめた

私のことをよく知ってくださる方はご存知かもしれませんが、私は去年から今年にかけて部活に関する後悔を抱いていて、過去が嫌いでした。が、今年の夏にそれを拭い去る決心をしました。過去に関しては、昔の投稿を遡ってください。
去年の冬、私はその後悔とトラウマに耐えきれず絵を描くことや美術から離れていました。当時の部員の悪口も沢山言ったし彼らに声をかけられても無視していました。そんな私がどうして今、喜んでポスターを描き、昔のことを振り返らず、前向きになったのかを紹介します。重度のトラウマやPTSDなどの方には効果が薄いかもしれませんが、私位でなにかに後悔している方、過去を嫌う方が少しでも変わってくれたら嬉しいです。

好きなことをして、心体を休める

過去に対しての嫌悪が酷かったのは去年の冬~春でした。それは部活で思うように上手くいかず、やりたくもないポスターを任されることが増えてストレスの多い時期でした。美術部が嫌いだったから絵を書くのが嫌だったです。一方で、吹奏楽は大好きでした。吹奏楽に夢中になっていた時は美部のことなんて頭の片隅にもないくらい一生懸命やっていました。伸び悩んでいた時期ほど過去のことを気にしてしまいがちだと思います。それよりもっと伸びるために、やりたいことに集中したら嫌なことは自然と忘れることが多かったです。
好きなことだけをして、ちょうど夏休みを使って休める。それだけで楽になりました。

★マイナス面に関わる人と距離を置く

私にはある仲間がいました。もうつながっていないのですが、マイナスなことだけを話す友達でした。彼女も過去などを嫌っていて、愚痴りあっていました。私はその度に自分のことまで思い出すのが嫌でしたが、ある日、なぜかいきなりブロ解をされ、ツイートを見られないようにしてきました。私は少しショックでしたが、愚痴がなくなったことで気が楽になりました。それから、嫌なツイートや、心を抉るようなツイートは見ないようにしました。そのアカウントが気に入らない訳ではなく、ダイエットをするためにお菓子を棚の上に置くように、遠ざけるようにしました。

考え方を変える

『自分の過去を受けいれた上で、前向きになる』これは間違いではありません。しかしこれはすぐに実践できない人が多いです。私のような人すぐに過去を受け入れることが出来ないからです。じゃあまずはどうしたらいいか私は考えました。そして、『まずは過去から距離を置き、好きな物だけを見つめ、余裕が出来たら自分の過去の部分に少しずつ手を触れてみる』ということです。私は最初に「絵から距離を置いた」ことをあたかも悪いことかのように描きましたが、今考えるとそれは悪いことではないことに気がつきました。これをしたおかげで、今私はポスターをかけるようになったのですから。

まとめ

 

まとめると、

しばらく心を休める期間を作り、なるべく好きなことだけをして、過去に関することから遠ざかる。そして心に余裕が出来たら少しずつ受け入れようとしてみる

ということを私はしました。
好きなことはひとそれぞれですが、例えば『読書』『爆笑動画を見まくる』『音楽』『旅行』などがいいんじゃないかなと思います。目的は『過去の考えから離れる』ことです。
私の場合は実行したのが夏休みだったので、1ヶ月で過去のせいにする思考回路を減らしました。

この私の経験が誰かの助けになれば幸いです!
読んでくださりありがとうございました!

◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
当サイト初代管理人「たかれん」が立ち上げたフリースクール『Riz』では、元不登校生たちが中心となって子どもたちの居場所づくりをおこなっています。東京にスクールを構えるだけでなくオンラインサービスもおこなっているので全国どこにいても利用できます。ただいま生徒募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

めいな
めいな

高校生のめいなです。中学の部活で激しい仲間外れに遭いました。 今は自分を変える努力をしています。 色々としんどいことが多くて、大変だった時期にこのサイトに助けられたので、 このサイトで1人でも辛い思いをする人が減ればいいなと...

プロフィール詳細はこちら
めいなが最近書いたブログ

フリースクール「Riz」の新着ブログ

ティーンズプレイスの関連ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


ページTOP