学校体験会について

こんばんは。院長です。

学生の皆様はもうすぐで夏休みですね。地域や学校によってはもう既に夏休みといった方がいらっしゃっるのではないでしょうか?私もそろそろ夏休みです。

さて、中学三年生の方々は夏休みに学校体験又は学校見学なるものがあるのではないでしょうか?もう申し込みは終わりましたか?

本日は学校体験(学校見学)について私の所感を書いていきたいと思います。ぜひご参考になればと思います。

まず私が一番最初に行ったのは専門学校です。いわゆる高等専門学校ですね。

以前から進路の時間などでいただいたパンフレットに「生徒を大切にする」という言葉が書いてありましたので気になっていました。

実際に行ってみたところ本当に先生方が優しくて、何度も質問しても笑顔で答えていただけました。しかし騙されてはいけない。

外面だけかもしれないという考えが私にはありました。ですが、学校のルールをみてみると始業時間10:00(もう曖昧ですが公立高校より遅かったのは確かです)、勉強は分からないところまで戻ってやります、少人数制の授業です、専門学校なので5教科が少ないですetc…

なんて魅力的でしょう!しかも「不登校だった子も安心して入学してください」と校長先生の口から聞けるとは!

衝撃的でした。ですが私は親に専門学校は駄目と言われていたので本当に好奇心だけで行ってきました。通学時間も半端なく長かったですし、「専門学校ってこんな感じかぁ」で終わりました。

次に私立の学校を沢山みました。その中の一校を最終的に受験しました。(実際には通ってませんがね。)

私立の学校体験又は学校見学は夏に行って終了なところが多いです。推薦の子は早いですからね。私の地域はそうでした。地域によって違うので進路のお話はなるべく先生や先輩などに聞きましょう。インターネットだと他の地域の情報を信じてしまう可能性があります。

私立の学校はとにかく設備がいいです。教室の扉がバリアフリーだったり、普通科だけど特別な、その学校ならではの授業があったりしてその授業で使う専用の教室があったり、部室が豪華だったり。椅子や机も私立の方がはっきり言って良いものだったりします。

説明や先生方も私立の方が優しかった印象があります。お金をかけるだけはあります。

ここで余談ですが、私の中学三年生の時の担任の先生が「私立は時間をお金で買っているイメージ」と話していました。公立高校は正直進路や私達生徒に対して冷たい部分が無くもないです。ですが、私立の学校は手厚くそれこそ生徒に時間をかけてくれます。(お金をかけているので当然といえば当然なんですが)また、「私立は塾代が含まれていると考えればそんなにお金は気にならない」とおっしゃる方もいるそうです。ぜひ参考にしてください。

私立で気をつけたいのは「お金の使い道」というのもあります。見学の際にいただけるパンフレットや説明会での説明で聞けると思うのですが、よく分からないお金を徴収する学校もあります。学校見学、説明会で分かるのは少ないと思いますが、お金も使い方は聞いておいた方が親やお金を出してくださる方に説明がしやすいと思います。お金を出すのは自分ではないという人が多いと思いますからね。

まだまだ私立高校についてお話ししたいことがありますが、それはまた次の機会で。

次に公立高校の見学、体験についてです。上記の私立のお話で結構悪いイメージをつけてしまったかもしれませんが、ご安心ください。公立高校の体験、見学にも良いところはあります。

まず公立高校は私立高校と違い秋にも長く見学会や体験会を開いてくれるところが多いです。回数も多いのでゆっくり考える時間があると思います。長いところは進路を最終決定するギリギリまでやって下さるところもあるので極力沢山行けるといいかなと思います。

そして公立高校は参加する人が多いです。一回の見学会に多くて30人ほど同じ中学から行くところもありました。もしかしたらもっといたところもあったかもしれません。実際に行くのかどうかは置いておいて初めて行く場所ですから自転車通学をする予定の方などは心強いのではと思います。(もちろんそれが重荷になる方がいるのも存じております)

公立高校は説明や進行を先生方がやってくださるのがほとんどです。ですのでどんな先生方がいらっしゃるのかがよく見れます。先生方がどんな連携をして企画を回しているのか、先輩方とどのように接しているのかがよく観察(言い方が悪いですが)できます。

私立はやはり生徒主体といった感じがありましたが、公立高校は中学校と同じような雰囲気を感じました。新しい環境が苦手だなと思う方は公立高校もありかなと思います。

公立高校の方がきっと顔見知りが多いですしね。説明も先生が主にやってくださるので、先生からみた学校というのが知れて、学校のカリキュラムやどんなことに力を入れているのかが私立よりもよくわかります。公立高校で生徒の雰囲気が知りたいのであれば部活動体験というのもあるかと思いますのでそちらに行かれた方が生徒さんをみるのはいいと思います。特別な学科が設けられているのであればその授業を体験したりできるイベントがあると思います。

公立高校ももっとお話したいことがありましたがこの辺で。また別のブログにてお話させていただこうかと思います。

ここまで長くお付き合いいただきありがとうございます。国公立は見学や体験に行ってないのですみませんが書くことができません。

見学会や体験会は無料なので沢山いっておいて損は無いです。私は今の学校にして後悔していることがあります。それはどんな生徒が集まるのかを見なかったことです。説明会だけ今通っている学校に行きましたが先生やカリキュラムだけ決めてしまったのです。

また一緒にいた友達に「この距離なら全然平気だよね!」と言われとっさに同意してしまい本当は少し遠くて辛かったのですが、毎日行くところじゃ無いのでそう思うようになってしまいました。

私がこういった高校のイベントで重視していたのは、先生方はきちんと連携がとれているのか、生徒をどのように思って接しているのか、学校の設備やカリキュラムはどんな感じか、授業の進みはどうか、不登校や登校拒否にどのような対処又はイメージがあるのかということでした。生徒に関しては何一つとしてみていなかったのです。そして一回しか行ったことのない学校に進学してしまい今後悔し、本当になんとか学校に行けている状態です。それでも一回の説明会にていただいたパンフレットは読み込んだつもりですので良かった点もあります。それもまたいつか。

なぜ今この記事を書いたのかと言いますと最初の方で書いた通りもうすぐ見学会や体験会が始まるからです。少しでも体験談を頭に入れておくと安心出来る方がいらっしゃるのではないかと思い書かせていただきました。あとは、高校のイベントの情報収集を学校に行く糧にしていただければと思いました。ぜひこの記事を読んでできた疑問や私の時はこうだったなど小さなことでも構いませんのでコメントで聞かせて下さい。出来るだけお答えします。心配や不安が多い一年かと思いますが、そんな不安が少しでも軽くなるようにお手伝いをさせて下さい。

あなたの進路に少しでも明るい変化がありますように。

応援しています。長々とお付き合いありがとうございました。

◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
当サイト初代管理人「たかれん」が立ち上げたフリースクール『Riz』では、元不登校生たちが中心となって子どもたちの居場所づくりをおこなっています。東京にスクールを構えるだけでなくオンラインサービスもおこなっているので全国どこにいても利用できます。ただいま生徒募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

院長
院長

こんにちは!はじめまして!院長と申します。情報処理等を勉強する全日制の学校に通う高校生です!「辛い一日にほんの少しの休息を」をモットーに活動していきたいです!ぜひぜひ気軽に話しかけて下さいませ。 Twitter→@incho_1...

プロフィール詳細はこちら
院長が最近書いたブログ

フリースクール「Riz」の新着ブログ

ティーンズプレイスの関連ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


ページTOP