辛かった中学時代

こんにちは。めいなです!

知ってる人もいると思いますが、中学時代のことについて、全て話そうと思います。本当はとても辛いことだから、早く忘れたいと思います。けど、やっぱりいろんな人に知って欲しい。不幸自慢じゃないし、もっと辛い人もきっと居るけれど、自分が辛くて地獄だったということを分かってもらうためにこのブログを書きます。

部活について似たような投稿がもうひとつあるので、詳しくは私の1月のブログを呼んでもらえるとありがたいです。

この投稿は長くなりますが、よろしくお願いします。

中学の同級生

私の中学は、主に部活がの人間が本当に頭が悪い・性格が悪いで、すぐにキレたりするような人達ばかりでした。部活のLINEグループには連絡は書かず、先輩・後輩や顧問の悪口で埋まっていました。

そんな集まりの中、唯一と言っていいほどそういったことに関心を持たなかった人、それが私でした。後輩は好きではなかったし、出来の悪い子だなと心では感じていましたが、グループでは決して後輩の悪口は言わなかったですし、顧問のことも悪く言ったりするような事は、私はなかったと思います。

そういったことも含め、みんなは私にあまりいい思いを持っていなかったのでしょう。これは後から、私のことをいじめなかった中立的な部員に聞いた話なのですが、「Aという子が、めいが自分よりテストで高い点数を取っていたのがムカついていた」だそうです。

始まった「いじめ」

しかし、「それ」が始まった大きなきっかけというものはありませんでした。しかし、いつの間にか私の居場所はなくなり、私がなにか発言すると気まずくなったり、睨まれたりするようになりました。

最初はその程度で、親友も同じ部活だったので、まぁとりあえずあと2年間頑張るしかないか……と思っていました。親友にも少しだけそのことを話しました。

2年になって突然

しかし、私が2年生になった時悪い変化が起こりました。クラス替えによって親友と同じクラスになったものの、そのクラスが荒れていて、親友は、いじめられてる訳では無いですが、体調不良からの復帰のしづらさに学校に来なくなりました。

その時私はクラスでも部活でも、本当の意味でのひとりぼっちになってしまいました。

クラスでは一人行動が増えた程度でしたが、部活では、親友がいないのをいいことに、同級生から私への悪口、陰口がエスカレートして行きました。

また、部活の打ち上げに私だけ呼ばれない、鑑賞会という部活の行事で、誰も私とお昼を食べてくれない……などということもされました。

悪口が増えていった

その時私が会話出来たのは、中間的な立場にいた副部長と、事情を知らない部内の男子二人くらいでした。

それ以外の人は、私がなにか発言すると

「は?」「うるさい」「ね」

などと反論して来ました。

他にもたくさんの悪口を言われたり、都合によって態度を変えられたり、「テストいくつだったー?」と聞かれ、答えると「自慢してるなよ。ね」と言われ、答えないと「答えろよ」って感じで、どっちを選んでも悪口を言われたりもしました。

面倒な後輩の世話を押し付けられたこともありました。その押し付けられた仕事は、全部やっていたし、自慢なんて1度もしたことはありませんでした。

しかし、私は部活の人達に心無い言葉を沢山言われ、その中で一番傷ついたのは

「(親友)が不登校になったのは、お前のせいだ。お前がいるから、あいつは学校に行けないんだよ」

と、言われたことでした。今ではもちろん嘘だと分かっていますが、当時はそれを間に受けて、もう消えてしまいたい、と思った日もありました。

ある日、掲示板で

そんなある日、私はネットにそのつらさを書き込みました。部活で仲間外れにされていること、悪口を言われたこと、親友が学校に来なくなったこと……

もうこの時は、辛い、助けて欲しいと思っていました。けど、それよりも自分の思いを吐き出したい。、誰かに見てほしいという思いの方が強かったかも知れません。

すると、思っていたよりも早くコメントが来ました。

「その親友が不登校になったのはめいさんのせいじゃないよ。その同級生がどうかしてるよ。今まで辛かったね」

と返してくれました。

その人は会ったこともない、見知らぬ人でしたか、私はその人の言葉で救われました。

今までいろんな人から

「ネットで知り合った人の殆どは、中身が悪い人だと思っておいた方がいいよ」

と、言われてきましたが、インターネットの向こう側の人に支えれることもあるんだと思いました。

私は、この時期とても傷ついたし、今も部員に会いたくありません。SNSもほとんど繋がってないし、(親友と副部長くらい)駅であっても顔を合わせることすらしなくなりました。

元々私達は良くも悪くも『別の世界』にいたはずだったのです。だって私は、そのとき顧問や1年生の悪口には興味なかったし、考え方や価値観も全く違ってたし、気が合うような性格ではなかったんだなと思います。もちろん私に非はないとも言えませんが、向こうが攻撃してくるのは今でも間違っていると思います。

その時私は気づきました。無理して学校の上辺だけの友達と付き合うよりも、その時自分のことを分かってくれたり、お互いに優しい気持ちでいられるならば、現実であろうがインターネットであろうがどちらでもいいような気がしました。(もちろんインターネットを使う時には注意が必要ですが。)

昔の私へ、そして部活が辛い人へ

私は、今がとても楽しいですが、昔の中学のことを思い出しては、辛くなります。そして、あの時美術部に入らなければよかったとか、途中で辞めていればよかった、などとも思います。
しかし、あの頃があって今がある、という所もあります。今は、ほとんどの部員とは関わりはありませんが、その中でも副部長、親友との関わりは続いています。
昔の部活が辛かった私へ、あの頃辛くても頑張ってよかった、ということを知って欲しい。同時に、部活の世界はどれだけ小さくて狭い世界か知って欲しい。そう思います。
そして、今部活が嫌いで、辛くて仕方ない人へ。私はあのころ部活を辞めることが悪だと思っていました。しかし、部活を辞めることは悪ではないと、高校生になった今だからこそわかる。もちろん辞めることでデメリットもある。それは仕方ない。けど、部活だけが、学校だけが世界の全てじゃない。辞めたかったら辞めてもいいし、辞めなくてもいい。周りの人などの意見に左右されないで、部活など、これからどうしたいかを自由に決める権利が、みんなにあるのだと思います。
そして、辛い時はインターネットという場所も用意されている。だから、何もしないで辛いことを我慢しないで、誰かに頼って、自分に出来ることをして、辛さを乗り越えたり、避けたりして欲しいと思います。

長くなりましたが、読んで下さりありがとうございました。

◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
当サイト初代管理人「たかれん」が立ち上げたフリースクール『Riz』では、元不登校生たちが中心となって子どもたちの居場所づくりをおこなっています。東京にスクールを構えるだけでなくオンラインサービスもおこなっているので全国どこにいても利用できます。ただいま生徒募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

めいな
めいな

高校生のめいなです。中学の部活で激しい仲間外れに遭いました。 色々としんどいことが多くて、大変だった時期にこのサイトに助けられたので、 このサイトで1人でも辛い思いをする人が減ればいいなと思って活動を続けています。 気軽...

プロフィール詳細はこちら
めいなが最近書いたブログ

フリースクール「Riz」の新着ブログ

ティーンズプレイスの関連ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全3件のコメント

  1. sky 2019/5/19 17:43

    辛かったと思う。でも今、私がめいなさんと楽しく話したり出来ているのは中学時代のめいなさんが頑張ってくれたから。ありがとう!
    私もインターネットでも良いと思う。もし裏が悪い人だったとしてもその人の言葉にこっちが救われたことに変わりないし。私も危険な所もあるけれど救われることもある、それがインターネットだと思うよ

  2. めいな 2019/5/19 14:36

    なつもんもん、ありがとう!
    素敵な人になれるように頑張るね。

  3. なつもんもん 2019/5/19 12:41

    辛い時を経験した人って、優しくて素敵な人になるって私は思ってる。
    これから輝ける事が出来たらいいですね!
    お互い頑張ろうう!!

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


ページTOP