そんなのは友達じゃない?

こんにちは、カルラです( 。•᎑• 。)

最近学校の人間関係で悩むことが多くなりました。
ある時ふと思ったのがこの言葉の重さ。

今回は文字を綴りながら改めて考えていこうと思います。

きっかけは突然に

私は友達に関する相談へのアドバイスの中で、よくこんな言葉を目にしました。
「そんなひどいの友達って言わないよ」「それで関係が崩れる友達はいないよ」

大人も子供もよく使う表現ではないでしょうか。
実際私もよく見かけますし、使った記憶もあります。

でも最近気づきました。この表現で傷つく人はいないかな?

言われてわかった言葉の刃

私はいつからか、周りに相談したり頼ったりすることができない人間になってしまいました。一見すると周りと楽しくやっているようにみえますが、心にいろんな感情を溜め込んで過ごしているのです。

そんな私はいつも自問自答しています。

『あのコ最近私への当たりキツイよな』
『今日はあのコ機嫌悪くて辛かったな』

 

あれ?我慢して付き合うのって友達?
友達なら嫌なとことか直して欲しいところ伝えられるでしょ?

出来ないならそんなの友達じゃないんじゃない?

私はこの言葉を誰かの相談に対して使う時、きまって励ますつもりで使っていました。「それで崩れる友達関係はないから。だから大丈夫、安心してね。」という気持ちで。

でも自分の身に投げかけられて感じた。

それはとても重く鋭い言葉でした。

あのコが友達でないなら・・・?

私は恐ろしかったです。

少なくないクラスメイトの中で一緒に行動している人はそのコだけでした。
もし、そのコが休みだったら。もし、関係が悪くなって一緒に居られなくなったら。

私はきっと更に学校に行きづらくなってしまいます。
学校での小さな居場所でさえもなくなってしまうでしょう。

私の友達と言える友達はそのコしかいないように思えました。
もっとも友達なのかもあやふやになってきましたが・・・。

仮に私がそのコのことに対して、「そんなの友達じゃないよ。」と言われたら、言った人がどんなに良い意味で使っていたとしても私は参ってしまいます。

あのコでさえ友達と言えないなら学校に私の友達はいるの?

考えるととても恐ろしいです。

わたしとあのコのお話

今の私には残念ながら学校に親友という人はいません。
私の悩みの種のあのコは親友という言葉が似合わない関係です。
学校で一番気が合うもの同士かもしれませんが、
「ダチ」という言葉が私達には一番よく会います(笑)

関係に不安を覚えたのは10月のクラスイベントでした。

クラス内で班に分かれてBBQしたり海で遊ぶというイベント。
楽しいはずの時間が私には苦痛でしかなかったです。

待ち合わせをして電車でもいつも通りだったはず。
でも会場に着いてしばらくたってお互い無言が続きました。
無言が気にならない関係なのでその時は何とも思いませんでしたが、しばらくたってそのコは私を通り越して別のグループの所へ行ってしまいました。

「来たよー。ちょっとつまらないからお邪魔しまーす。」
「おぉー○○ちゃん!」
「どーぞどーぞー!」

その一言ひとことが心に突き刺さりました。
私はその時点でいたたまれなくなり逃げだしたいと思いました。
帰りの時間までまだ6時間もある。誰か、だれか、助けに来て。

 

その後のBBQも全然楽しくなかった。

そのコはなんだかずっと機嫌が悪いまま。
心なしか私への当たりもずっときつく冷たいように思えました。

帰る時にはいつものように接することができましたがその日一日私はすごくつらかった。行かなければよかったと、すごく後悔しました。

 

その日から私はそのコにどう接して良いのかわからず…。
以前よりギクシャクした関係に私はしてしまっているのかもしれません。

今一番大きな悩みはそれについてです。
これから私は、私たちはどうなるんだろう。

卒業まであと少し、怖いなぁ。

 

楽しかったあの頃は

ここですこーし弁解させてください。
私の中でも苦手な人となりつつある彼女ですが楽しい時間も沢山ありました。

部活に行きたくなくて顧問が嫌で放課後になってほしくなかったあの頃。
私を支えてくれていたのは間違いなく彼女の存在でした。

放課後が近づき落ち込む私に、彼女にしては明るすぎるくらいのテンションで話しかけて笑わせてくれた。
部活に行きたくない私を放課後連れ出していっしょに走りに行ってくれた。
彼女よりもずっと持久力のない私にかけてくれた優しい言葉。

彼女は決して親切さを前面に出す人ではありません。飾らない人でもあります。
「どうした?」「大丈夫?」そんな言葉を聞くことはまずありません。

でも私は彼女が時折見せる優しい面を知っています。
多分やさしさというものに不器用なんだと思います。
心配だけど表沙汰に心配するのはらしくないかな、と思うような。

私は彼女のそんなところも大好きです。
走りに連れ出してくれた時は惚れそうでした(笑)
それくらい、それくらい楽しかった。

ボーイッシュでクールでよくわかんないとこもある彼女。

またあのときみたいに気兼ねなく楽しくできたらいいなぁ。

あなたの思う友だちって?

「友だち」と聞いてどんな顔が思い浮かぶでしょうか。

クラスメイト部活動仲間、最近ではネットの友達のネッ友というのも聞きますよね。
現代の友達のカタチは本当にそれぞれだと思います。
そもそもカタチなんてなかったり…?

「そんなの友達じゃない」

その人から見れば、一般的には違うかもしれない。

でも友達のカタチって本当に様々なんです。

 

世間的に悪い事をしているあの友達だって。
私も彼がいけないことをしているのは良く思いませんし、
心からやめてほしいとも思っています。
自分が彼を止められていないのも事実。
でも話してて楽しくて大好きな友達のひとり。

今回お話ししたあのコだって。
ちょっときついな、と思うことはあるけど感謝しきれないほど支えてくれた。

私のクラスメイトだって、あなたのお友達でも悪い所はあるでしょう。
もちろん私だって他人から見れば沢山あると思います。

でもその悪い部分だけを一見して「そんなの友達じゃない」という言葉は
どんな人間に対してもあまりにも軽く無責任な言葉だと思いました。

どんなに善意で安心させようと言ったとしてもそう捉える事だってできます。

いつかのニュースで聞いたことがあります。
確か教師が生徒に言った言葉が問題視されたときのこと。
「大事なのは話し手がどう思って言ったかじゃない。
聞き手がどのように感じたかだ。」

本当にその通りだと思います。

こちらがそう思っていなかったとしても相手が傷つく言葉や表現は沢山あると思います。相談にのる時以外でも会話の中やメール✉、LINEでも気を付けたいですね。

 

今回のブログでは画像を増やし初めてBGMも入れてみました。
新しい試みです。BGMで印象は大きく変わりますがどうでしょうか?
好評ならこれからも続けていきたいと思います。

寒い日が続きますが皆さんお元気で(*Ü*)♥ﻌﻌﻌ

 

 

メンバー カルラ

◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
当サイト初代管理人「たかれん」が立ち上げたフリースクール『Riz』では、元不登校生たちが中心となって子どもたちの居場所づくりをおこなっています。東京にスクールを構えるだけでなくオンラインサービスもおこなっているので全国どこにいても利用できます。ただいま生徒募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

カルラ
カルラ

 こんにちは、カルラです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ ティーンズプレイスとは、もう3年の付き合いになりました。  全ての相談に良い答えを出せるというわけではありませんが、 来てくださった方、一人ひとりとしっかり向き合いたいと思います。...

プロフィール詳細はこちら
カルラが最近書いたブログ

フリースクール「Riz」の新着ブログ

ティーンズプレイスの関連ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


ページTOP