学校に行かないんじゃなくて行けない

先日、ココトモハウスで開催された、『10代限定DAY』に行ってきました。

普段は、自分より年上の方たちがよく集まるココトモハウスに、自分と同じ年齢の方や年下の方が集まり、不思議な感じでした。
10代ならではのお話をしたり、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

その中で話題に上がったのが、学校に行けなくなった時のお話でした。「突然涙があふれてきた」「制服も全部用意したんだけど、立ち上がれない」など、学校に行こうとしても身体が動かなくて行けない苦しさを語り合いました。

私自身、2年前の高校3年の秋、不登校になりました。過度ないじり、いじめに耐えきれなくなったためです。

高校3年の秋、とても大事な時期で、私だって不登校になりたくてなったわけではありませんでした。辛くても頑張って4月から半年以上通っていましたし、文化祭も出ました。

でも、もう限界だったのです。

朝、起きられなくなり、起きて制服も着てご飯も食べていざ玄関まで行くと、涙が溢れ、座り込んでしまいました。

その時の日記には、こう書いてありました。「このままじゃダメだ、どうにかしなきゃってことくらいわかってる。でも、行けない。行ったら自分が壊れる。」と。

きっと涙が溢れたり、学校に拒否感を示すのは、心を守るためなのかもしれません。

それ以上、頑張ったら、もう壊れるよ。というサインなんだと思います。

だから、少し休憩の期間なのかもしれません。

ゆっくり自分と向き合う大切な時間。私もその2ヶ月があったから、笑顔で卒業出来ましたし、色々自分と向き合えたと思っています。

必ず、自分のタイミングで、行ける時が来ます。もし、学校に行けなくても違う道も沢山あります。だから、自分を必要以上に責めなくていいんだよ。

行かないんじゃなくて行けないのだから…。

◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
当サイト初代管理人「たかれん」が立ち上げたフリースクール『Riz』では、元不登校生たちが中心となって子どもたちの居場所づくりをおこなっています。東京にスクールを構えるだけでなくオンラインサービスもおこなっているので全国どこにいても利用できます。ただいま生徒募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

ひまわり
ひまわり

ティーンズプレイスへようこそ。 メンバーのひまわりです。 今、学校や家で辛い思い、苦しい思いをされている方、良かったらお話し聞かせてくれませんか。 あなたの心が少しでも軽くなるよう、一緒に考えます。 まだまだ未熟で...

プロフィール詳細はこちら
ひまわりが最近書いたブログ

関連ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全1件のコメント

  1. さつき 2016/11/30 19:33

    学校に行かないんじゃなくていけない。
    このことを理解してくれる大人って意外と少ないよね。
    理解してくれる大人が増えるといいな!

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


ページTOP