ブログを毎日書き続ける方法

こんばんは、鷹れんです(*´`)
このサイト・ティーンズプレイスは昨年の11月10日にオープンしました。それから今日までの約8ヶ月間、一日も欠かさずに毎日ブログを書いてきました。お知らせも含めればその数は250件を超えます。

書いたブログのジャンルは様々で、勉強のノウハウや、いじめ・不登校等に関する体験談、今悩んでいること。そりゃもう赤裸々に(笑)自分のことを書いてきました。

今日はそんな私なりの「毎日ブログを書き続ける方法」を紹介したいと思います。

目次
  1. 大前提:毎日ブログを書くのはさほど難しくはありません
  2. 毎日ブログを書くために大切な3つのポイント
  3. ネタがない?!いいえ、どんなことでもブログは書けます。ネタを出す8つのヒント
  4. モチベーションを保つ3つの方法
  5. まとめ

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s

毎日ブログを書き続ける方法

大前提:毎日ブログを書くのはさほど難しくはありません

「毎日1000文字以上のブログを書き続ける」
この言葉だけを見ると、「難しそう」「私にはできない」と感じる人のほうが多いと思います。

しかし、毎日ブログを書き続けることはさほど難しくはありません
250あまりのブログを書いてきて率直に感じることです。もちろん個人差はありますし、根本的に「文章を書くことがすごく苦手」というような方は向きません。
自分の感情を言葉におとしこむことに慣れていなかったり、ブログを書くような体験が少ない人は簡単ではないかもしれません。ただ、やる気若干の慣れ目的意識さえあれば、誰でも「毎日ブログを書き続けること」は可能なのです。

でも、本当に「誰でも」できるわけではありません。やる気と若干の慣れ、そして目的意識が必要です。この「目的意識」について、すこしお話しておきましょう。

「目的意識」について

あなたは、どうして毎日ブログを書きたいのですか?

私は、10代の居場所をつくるために書いています。ティーンズプレイスを少しでも有名にするため、自分の身を切り売りするかのごとくブログを書き続けています。つまり私にとっては、「毎日ブログを書くこと」は目的ではなく手段のひとつに過ぎないのです。

10代の居場所づくりをしたいから、ブログ以外にも活動を行っています。掲示板や交換日記といった「交流できる場所」を運営したり、立候補してくれた仲間たちと担当分けをして運営を分担したり、TwitterのDMをつかって悩み相談を受けたり、仲間限定のLINEルームを運営したり……。

ただ私が文章を書くのが好きですこし得意でちょうど勉強したいと思っていたから書いているだけのことです。

もう一度伺います。あなたは、どうして毎日ブログを書きたいのですか?

どんな理由でもいいと思います。暇だから時間があるからという方もいるかもしれません。中には将来ライティングを仕事にしたいという人もいるでしょう。理由なんて100人居たら100通りありますので、特に「こうじゃなきゃいけない!」というものはありません。

大切なのは、あなたが本気で取り組みたいと思うかどうか、「ときめく」かどうかです。ぜひあなたなりの目的を考えてみてください(*´`)

毎日ブログを書くために大切な3つのポイント

そうは書きましたが、正直「毎日書くなんてムリ……」と感じる人が多いですよね。やはり誰でも出来るというものでもないのです。毎日ブログを書くためには、大切な3つのポイントがあります。

1.義務化をしない

まず一番重要なのは、義務にしないことです。

もちろん毎日ブログを書くことで得るものもあります。自分の生活や人生を省みるいいきっかけになるし、ちいさな幸せに気づけるようになりました。でも別に毎日ブログを書いたってそれで食べていけるわけではないし、書かなくたって誰も死にはしません。あくまでも読書やお絵かき、映画鑑賞と同じように、(ある特定の職業の方を除き)ほとんどの人にとっては「単なる趣味」でしかないのです。

しかし一度「毎日ブログを書くぞ!」と決めて取り組み始めると、いつのまにかそれが義務のようになってしまい「今日は忙しいのにまだ書いてない。どうしよう……」などと、出来なかった場合に大きなストレスになってしまいます

どれだけ好きなものでも、どれだけ情熱を傾けられるものでも、「義務」になってしまえば、そこに「強制力」がうまれてしまえば、やがてそれは「趣味」ではなく「仕事」になってしまいます。目的にもよりますが、ぜひ義務化をしないように、好きなままでいられるようにしてください。

2.メモをとるクセをつける

始めてみると気がつきますが、日々はネタに溢れています。なんてことの無い日常でも、「新しい料理に挑戦してみた」とか「寝苦しい夜にも快適に寝られる方法を考えた」とか「散歩に出たら季節の変わり目を発見した」とか、そんななんてことのないものがブログの題材となります。

しかしそういったものは中々記憶には残りません。自分にとっては「なんてことのない日常」に他ならないからです。そこで登場するのが、いわゆるネタ帳です。

感銘を受けた一言、読みたいと思った本のタイトル、気になる映画、最近考えたこと、悩んでいること、新しく挑戦してみたこと……一言でかまわないのでさらっと書いておくと、それが記憶を呼び起こすときのヒントになります。

私はそのときその瞬間の感情をわりと鮮明に思い出せてしまうタイプなので簡単に済ませていますが、もしそのときの自分と今の自分を完全に分けて考えることができるタイプであれば、メモは少々細かくとっておいた方がいいかもしれません。当時の感情や考えたことなど、特に内面に関することは「鮮度」が重要です。

メモの取り方も人によって様々。最初から詳細を書こうとすると長続きしにくいので、まずは一言だけ書くようにしてみて、それで書きづらいと感じるようなら書く情報を変更していってみてください。あくまで「完璧なメモをとる」ことが大切なんじゃなく、「ブログを書くヒントにする」ためのものですからね。

3.毎日ブログを書く時間を用意する

当たり前ですが、毎日ブログを書き続けるには毎日それなりの時間を用意することが必要です。私は1000文字~2000文字程度なら2,30分で済ませられてしまいますが、慣れるまではそれより多くの時間がかかると思われます。パソコンやスマホの慣れ(タイピングの速さ)もありますが、それよりも大変なのは「感情を言葉におとしこむ」作業です。

私たちは普段、さまざまな感情を抱えています。つらい、苦しい、嬉しい、楽しい、イライラする、緊張する、空しい、疲れてる等など。しかもそのほとんどは「一つの感情が100%を占めている」のではありません。つらいし苦しいけど頑張りたいしやる気はあるとか、嬉しいけどなんだか寂しくてモヤモヤするとか、いくつかの感情が合わさって「今の気持ち」を作り出しているのですね。

それらをブログで文字にしていくのは、中々簡単なことではありません。時にはなにかに例えたり、擬音語などをつかって感覚で伝えようとする必要もあります(これも多用すると伝わりにくくなりますから注意が必要です)。特に過去の体験談をブログにする場合には、「伝えたいことはこんなことじゃないのに」「ピタッとはまる言葉が見つからない」と悩み右往左往することも多いかと思います。

これこそ「慣れ」しかありません。だからまずは毎日ブログを書く時間(スマホやパソコンと向き合う時間)を一定以上用意して(理想は一日一時間はほしいところです)、感情を言葉におとしこむ練習から始めてみてください。

「感情を言葉におとしこむ」ためには、日記がオススメです^^日々起こったことと同時に、「当時感じたこと」「今振り返って思うこと」などを書くのも忘れずに

ネタがない?!いいえ、どんなことでもブログは書けます。ネタを出す8つのヒント

3888d0a9908a36780bbf9b5d1830bd31_s

ブログを書き始めて多くの人が直面するのが、「ネタが無い問題」だと思います。価値観や過去の体験談などをひとしきり書き終わると、一日ひとつのブログを書くための「ネタ」が何も思い浮かばなくなってしまうのですね。しかし上で書いたように、世の中はネタの宝庫です。今の私は、一日生活するだけで(特にブログに関して考えていなくても)平均2~3個のネタ・テーマが思い浮かびます。その全てがブログになるわけではありませんが、それでも一日一件のブログ更新ならもう困りません。

この「ネタが無い問題」、コツさえ掴めば意外とあっさり解決することが出来ちゃいます

今回は「ネタを出すためのヒント」を8つ紹介します。ぜひこれを参考にして、あなたなりの「ネタ」を見つけてください☆

1.日々の出来事、新しい発見を記録する

毎日の出来事や新しい発見を記録するだけで、それは立派なブログになります。

例えば私の場合、数年ぶりの花火大会に備えて今月の初旬に浴衣を着る練習をしました。小学生のとき依頼なので帯もすべて新調したものです。それに水着の購入などを加えて、「はじめて挑戦するものも意外と簡単かもよ」「面倒くさそうっていう食わず嫌いをやめるだけで楽しくなるんじゃない?」というブログを書きました。

LINK:ブログ「やってみたら意外と簡単かも」

他にも、ずっと家庭内で居場所を見つけられなかった私が親を初めて「毒親」と認識したときの話をブログにすることもありました。

LINK:ブログ「自分の親を“毒親”と認定する、ということ。」

大人になってから両親や家族と向き合った体験談などは多いですが、10代のうち(=家からまだ出れないとき)から家族と向き合うため、なんらかのアクションを起こしたという人は意外と少ないです。

闘病日記や障害、不登校などなんらかの挫折・苦難へ立ち向かった人のブログというのはそれだけで価値があります。同じような境遇にいる人にとって、とても大きな勇気になります。あなたのその姿は、英雄のように眩しく、格好良くうつるのではないでしょうか。

2.これまでの経験を体験談として綴る

なにかの苦難を乗り越えたり、困難によって挫折した経験であったり、生きていればどんな人でも「経験」をもっているはずです。19年生きてきた私には19年分の経験があります。

そのすべてを振り返ってみてください。

「当時はこう考えていたけれど、こういう考え方もあるな」「当時はつらかったけれど、こんな人に支えられていたんだな」「当時のこの経験が今の仕事に繋がっているな」など、昔と今の変化や繋がりに気づくと思います。

私はティーンズプレイスの「10代限定のコミュニティサイト」という特性もあって、特に親との不仲や学校での問題(いじめ、不登校、転校)などについて書いてきました。

あなたが乗り越えてきた問題と同じようなことで悩んでいる人は今この瞬間にもたくさんいます。あなたが挫折したことと似たことで挫折しそうな人もたくさんいます。そういった人にとって「乗り越えた」「挫折したけど他の道を見つけた」「今も悩んでいるけどこんな変化があった」などちょっと先にいる人の話はとてもおおきな励ましになります。

別にそんな大きなものでなくてもかまいません。ちょっとした思い出話をする気持ちで大丈夫です。

そのブログを読み返したとき、いつかまた受け取り方が変わって「そのブログを読み返したブログ」なんてものを書けるようになっているかもしれません(*´`)

3.知識やノウハウをまとめる

知識やノウハウ等と言うと大げさにきこえてしまうかもしれませんが、もっと些細なことでかまいません。

  • 立ちながら洗濯物をたたむ方法
  • よれたTシャツの胸元を整える方法
  • お茶碗にこびりついたお米をうまく取る方法
  • 寝坊できない朝に確実に起きる方法
  • 苦手科目を克服する方法
  • 日々溜まるストレスを軽減する方法

などなど、いわゆるライフハックやこれまでの経験で得た知識を共有することで、今悩んでいる人に具体的な解決策を提案することができます。

私の書いたブログだと、人見知り克服シリーズなどが当てはまります。高校生時代の演劇部で行ったことや実際に自分で試して効果のあったものを中心に、人見知りを克服する方法を「考え方」「行動」の二つに分けて紹介しました。

他にも、家を出るにあたって必要だった引越し資金や具体的な毎月の生活費、進路を選ぶときに気をつけた「学校選びのポイント」などをまとめると誰かの役に立ちそうですよね。

4.人から聞いた話、話題のニュースなどについて意見を述べる

テレビ、ネット、新聞、雑誌……観てみると、日々いろいろなニュースが流れていることに気がつきます。

例えば、皆さんは今年5月末ごろにあった「7歳の男の子が山へ置き去りにされた」というニュースは覚えているでしょうか。当時、とても大きなニュースになりました。躾とは何か、虐待とは何か、家族とは何か……きっと多くの人が、大なり小なり考えたかと思います。

私はこのニュースを受けて、「しつけ」というものについて自身の体験談を絡めながら考えました。

LINK:ブログ「子どもはオトナのおもちゃじゃない」

他にも授業を受けているときに得た情報や先生から聞いた話などについてブログを書くこともあります。

ここで注意しなくてはならないのが、単にその言葉やニュースを紹介するだけではダメだということです。「転載」ではなく「引用」にする必要があります

その点に関しては詳しくないので割愛しますが、原則として

  • 引用だとわかるように書く
  • 主従関係を明確にする(引用は全体の1割程度までに抑えるように)
  • 出典元をしっかりと示す

などが必要です。

ただ、一般的に広く知られていることやことわざなどについては出典を示したりする必要はありません。

5.ご当地の名物など、自分しか知らないものをネタにする

自分の地元のことはもちろん、旅行先で買ったお土産の中で特に美味しかったものや感動的な景色など、いわゆる「ご当地ネタ」はそこへ初めて行く人やその土地に詳しくない人からするととても興味深い内容です。その土地に暮らしている人しか知らないような穴場スポットなどがあるならぜひ紹介してみてください。

他にも、職業や環境など、「その界隈の人しかしらない情報」というものはたくさんあります。10代のうちに結婚した人の話と40代でも未婚のままでいる人の話はやはり違うでしょうし、それぞれの苦労や葛藤があると思います。そういった葛藤や、「あるあるネタ」を提供することで、同じ界隈の人からも共感の声が集まりやすくなります。

ただ、職業等によっては守秘義務があったり身元がわれてしまう可能性もありますので、やりすぎには気をつけてくださいね。誰かの話を持ち出す場合は、事前に相手に許可をとるようにしましょう。(私の場合は相手の言葉を載せる場合にはブログの全文かそれに関係する部分を必ず読んでもらってからアップするようにしています)

特に写真を載せる場合には、無関係の人の顔にはぼかしをかけたり人通りの少ない時間に撮るなど、まわりへの配慮を忘れずにおこなうようにしてください。

6.読んだ本、観た映画などのレビュー・感想を記録する

いわゆる書評というやつです。

小説、マンガ、エッセイ、アニメ、ドラマ、映画、音楽、絵、写真、詩……どんなものでもかまいません。別に「これを読んで学びました!!」とか「この映画が人生を変えました!!」みたいな大げさなものじゃなくて大丈夫です。もちろんそういったある種の感動があったほうが書きやすいですが、おおまかな内容と感想さえあれば書くことが出来ます。

ただ、単純に「楽しかった」「悲しかった」「さびしかった」等の気持ちを書いただけでは感想文になってしまいますから、何故楽しかったのか・何故悲しかったのかと理由を紐解いてみましょう。「その本を読んだことのない人が読みたくなるような情報」などを盛り込めるとベストですね(例えば「こんな気持ちの変化があります」「○○が苦手だったけど克服できました」など)。また、そのブログを読んで興味を持ってくれた人のために映画なら予告編をYoutubeから載せたり、Amazonなどのリンクを貼ったりすると親切でしょう。

実際にティーンズプレイスでも、多くの書評ブログを書かせていただきました。「こんな人に読んでほしい」などのイメージを事前にもっておくと書きやすいです。

LINK:ブログ「『ツナグ』生きている今だからこそ伝えられることがある」

これに関しても引用はマナーありきですので、「本の内容を書いただけ」「出典元を示していない」などには気をつけてくださいね。マナーを守って楽しみましょう(*´`)

7.楽しみなことや悲しかったこと、強く感情を揺さぶられたものについて書く

6までと繋がりますが、人は感情を揺さぶられたものほど書きやすく・話しやすくなります。過去にあったことだけでなく、これから楽しみなことや予定について書くのもいいでしょう。

感動したもの、嬉しかったこと、腹が立ったこと、驚いたこと、勉強になったこと、なんでもかまいません。なにか強く「感情を揺さぶられた」体験・記憶はありませんか?

キレイな感情じゃなくて大丈夫です。ドロドロとした感情があるなら、それをそのまま吐き出してみてください。

しかし、過去のトラウマや苦しかった経験について振り返ると当時の記憶・感情を思い出してかえってしんどくなってしまう場合もあります。特に精神科など病院にかかっている場合は繊細かと思いますので、かかりつけのお医者さまなどと相談してみてくださいね。現在病気などにかかっていなくても「死にたい」等の気持ちが強まってしまう可能性もありますからくれぐれもムリをせずに、自分のペースでやってください。

8.自分でつくったもの・作品を発表する

例えば写真や小説、絵など……自分でつくった作品があるならそれを発表してみてはどうでしょうか。

今は革小物やビーズ、手芸、ありとあらゆる「手作り」があります。料理でも「バターが無かったけどクッキー作った!」とか「ベーキングパウダーが無かったから重曹で代用した」などライフハック的な工夫・レシピがあったら紹介してみてもいいと思います。

例えばガーデニングの趣味があるなら「○○日目の植物の様子」等と記録を残していくだけで一日ひとつのブログが書けてしまいますね。そこから「オススメ肥料の選び方」「初心者にオススメの観葉植物5選」「始める前に知りたい鉢植えを長持ちさせるための9つのコツ」等とノウハウ共有などに繋げていくことができます。それにもしかすると同じ趣味の人と知り合えるかもしれません。そうやって交流が広がれば、よりコアな情報を仕入れることができたりします。

作品の発表以外にも、深く入れ込んでいる趣味があったら、遠慮せず披露してみてください。

「ネタが無い」「モチベーションが続かない」等の多くのブログを書く上での悩みは、「情熱」さえあれば乗り越えられてしまうものです。趣味や長年続けているものはそれほど情熱がありますし、知識や経験も豊富です。情熱があれば多くの情報を仕入れることができますし、やる気もあがりやすいです。

モチベーションを保つ3つの方法

毎日ブログを書いているとでてくる悩みが「モチベーションが下がってしまう」というものです。おそらくほとんどの人はその道を通るのではないでしょうか。思うようにアクセスが伸びなかったりコメントが届かなかったりすると、「せっかく毎日頑張っているのに……」とやる気も落ちてしまいますよね。

ではどうすればモチベーションを保てるのか? 8ヶ月間続けられている私が実践している「モチベーションを保つ方法」は主に下記の3つです。

1.「書き溜め」をしない

「毎日ブログを書く」となると、時間のあるときにまとめて作って予約投稿などで「書き溜め」をすることもあると思います。

とれる時間が日によってバラつきがある人や仕事が忙しい人などは仕方がありませんが、出来るだけ「書き溜め」はしないことをオススメします。何故かというと、人がなにかを習慣化するときには一定期間毎日取り組み続ける必要があるからです。

私も最初は授業で遅くなる日などは書き溜めをして「一日一記事更新」をまもっていました。しかし、一度止めたエンジンをまた動かすというのはそうやすやすと出来るものではありません。次の日からやる気を上げにくく、特に三日以上書き溜めをしてしまうと「今日書かなきゃ!」というある種の危機感が薄れてしまい、かえってしんどくなってしまいました。

一日に三つ記事を書いたのなら、すべてその日のうちに公開してしまいましょう。明日は明日のネタが湧くし、一日に何回も更新があればそれほど活発なサイトに見えるのではないでしょうか。

2.クオリティにこだわりすぎない

毎日ブログを書こうとすると、どうしてもひとつのブログにかける時間は短くなります。個人差はありますが、私の場合忙しいとひとつの記事に対して20分なんてことも。23時を過ぎてから「ヤバイ今日書いてない!!」と慌てて書き始めることも(笑)。

ブログと本は、「文字を綴る」という点では同じです。挿絵も出来るし、見出しなどをつけることも可能ですね。しかし一つだけ、決定的な違いがあります。

ブログは、世に出してから何度でも加筆修正することが可能です。本も誤植を整えたりすることはできますが、一度世に出たものを回収することは出来ませんし一回の修正に多大なコストがかかります。しかしブログについては何度加筆しようと削除しようと自由なのです。

だから一発目に100点のものを用意しようとする必要はありません。最初にあげるものは70点でも50点でも、30点だっていいのです。もちろんブログといえどコピーされたりすれば以前の文章も残りますから、「どうせ後で修正できるから」と油断は禁物ですよ!笑

3.取り組んでいることを公表する

最後のコツです。まわりに取り組んでいることを公表してしまいましょう。まわりの応援というのは予想以上に力になります。

私は今、19歳ながら10代限定のコミュニティサイト「ティーンズプレイス」を運営しています。しかしこれは、ひとりでやってきたわけではありません。たくさんの人に支えられてやってきました。

サイトの設立にあたって必要な知識を授けてくれた人、サイトをつくるときに協力してくれた人、ティーンズプレイスで一緒に活動してくれる仲間たち、運営のアドバイスをしてくれる人たち、そして活動を応援してくれる人たち……。

そうやって直接関わってくれている方以外にも、あらゆるところで私が活動を公表しているおかげか、一件無関係な大学の友人から「サイトたまに見てるよ~」と声をかけていただきました。

上で書いた通り、思うようにアクセスが伸びなかったりコメントが届かなかったりするとモチベーションは上がりにくいです。特にブログを書き始めて最初の方はアクセスもコメントもうまく行くことは少なく、三日坊主になってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

しかしまわりに活動を公表していれば、「応援コメント」も届きやすいです。そうして軌道にのせれば、もともとの知り合い以外にも初対面の方たちからも届くようになってきます。

取り扱うテーマによっては、自分の病気やトラウマなどについて書くことになったりしてまわりに公表しにくいこともあるかと思います。そういった場合でも、信頼の置ける人がいればそこだけにでも伝えると「見てくれる人がいる」という意識もうまれてやりやすいです。人に言うと、半端なところで辞めるわけは!とも思えますからね(*´`)

cbbe1fbdd79871680e400269186dc14b_s

まとめ

なにやら盛りだくさんになってしまいましたが、皆さん脳内パンクは起こしていませんか?笑

全てをいきなり実践したりとか吸収する必要はありません。8ヶ月積み上げてきたものをサラッと実践されてしまっては、私もなんだかショックです(´-`)笑

もちろんここに書いたこと全てが合うわけではないと思います。あくまで私が試して効果のあったもの中心ですので、あなたなりの「毎日ブログを書き続ける方法」を見つけていただければ幸いです(*´`)♡

最後までお読みいただき有難うございました。

鷹れん

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

鷹れん
鷹れん

ティーンズプレイスを見ていただき、ありがとうございます。 管理人の鷹れんです(*´`) 小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家...

プロフィール詳細はこちら
鷹れんが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全1件のコメント

  1. さつき 2016/12/1 05:15

    私もいつかブログを書いてみたいです。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP