生まれて初めて父に手紙を書きました。

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s
こんばんは、鷹れんです(*´`)
最初に書いておきますが、このブログは「初めてお父さんに手紙書いて、親のありがたみが分かったよ♡」みたいなハートフル♡なブログではありません。

かねてからお伝えしていますが、私は自分の両親を「毒親」だと思っています。私は虐待を受けたと思っています。私は家族を捨てて生きるしかないと考えています。
私はこれまで、両親に何度も何度も傷つけられてきました。言葉のときもあったし、行動のときもありました。
家から閉め出されたり、疑われたり、八つ当たりされたり。

だから、父親と仲直りするための手紙ではありません。
父親に別れを告げるための手紙です。

あの人は、きっと覚えていない

あの人は、きっと覚えていません。
私になにを言ったか。なにをしたか。自分の罪を、知りません。自分が虐待したかもしれないという自覚もないでしょう。きっと自分のことを「いい父親」と評価していると思います。

母親含め、私の両親は罪を忘れる人です。
どれだけ人をなじった後でも、キレイさっぱり忘れたかのように普通に話しかけてきます。
人を許すのに、自分を許すのに時間のかかる私は、その切り替えがどうにもうまくできません。でもぶり返すのも好きじゃないので、二人に合わせて「忘れたように」振舞います。きっとそれも、二人は自覚してないでしょう。

今の私は、人前で泣けません。涙は流せるけど、子どもみたいに布団に顔をうずめて泣くのは、声をあげて泣くのは、ひとりのときしかできません。
人に頼ることもヘタで、甘えるなんてもっての他。
常に「強く」「凛々しく」「頼りがいのある」私を演じてきました。

病弱な兄の分も、しっかり学校に行かなければ。
苦労している両親に迷惑をかけてはいけない。
そうやって家族の目や機嫌を気にして生きてきた私にとって「他人に頼る」というのはとても苦手なことなのです。

その弊害か、今の私の中にはまだ、小学校二年生くらいの女の子が居座っています。ワガママで、視野が狭くて、子どもな私が、いるままです。
その子どもを出すことは、まだ出来ません。「居ていいよ」ともまだ言えていません。
ただ、「私の中に残っているんだ」ということを言えるようにはなってきました。この子を認めてもらえるまで、不遇だったあの時代を取り戻していいと思えるまで、あと少しかもしれません。

しかし両親は、きっとその存在を知りません。
私がODしたことも、リスカしかけたことも、自殺未遂をしたことも、血が出るまで引っかいたことがあるのも、すべて両親は知りません。知らせるつもりもありません。

今日書いた手紙を渡せる日が来るのか、私には分かりません。ただ、万が一相手が干渉しようとしてきたそのときの切り札として。部屋の棚の一番奥にしまっておこうと思います。
「おとうさんへ」とは書けなかった、この手紙を。
白い封筒の、そっけない手紙。人生で、おそらく父親へ宛てた最初で最後の手紙になります。

最初で最後の手紙がこんなのでごめんなさい。自立して、貴方から離れて自由の身になったら、またいつか、手紙を書くことが出来るようになるかもしれないけれど。そのときまでは、我慢してください。これが、子どもの私が親の貴方へお願いする最初で最後のことです。

鷹れん

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

鷹れん
鷹れん

ティーンズプレイスを見ていただき、ありがとうございます。 管理人の鷹れんです(*´`) 小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家...

プロフィール詳細はこちら
鷹れんが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP