両親への罪悪感に苦しんでいる話

f4727f1443fdfa872d0de6df3635d49d_s

私が不登校だった頃、クラスメイトに対しては「逃げてる私を見られたくない」、先生に対しては「信じたのに裏切られた。守ってもらえなかった」などなど・・・心がマイナスな気持ちでいっぱいでした。

その中でもひときわ強かったのが、両親に対する罪悪感です。

「学校に行けていない」自分の弱さがつらかった

学校に行けていない中、両親から「学校に行きなさい」というプレッシャーがじょじょに強くなっていきました。

両親が私のことを思って将来のために発言していたのは当時の私にも分かっていて、だからこそつらかったです。

学校に行けない、できない自分を受け入れてもらえない、と感じたのかもしれません。
両親に愛してもらうには「できる子供」でなきゃいけなくて、真面目で、いい子で、優等生な子じゃないといけない。そんな風に考えていました。

両親を責める気持ちもありながら、両親からの期待に応えられない自分の弱さも責めていました。

本当は両親に笑顔でいてほしくて、家族4人で幸せに暮らしていきたくて、けれどそれを壊しているのは私自身の弱さでした。
両親がいつも険しい顔をして、家族の中の会話がどんどんなくなって・・・父親と母親が喧嘩をする度に、その原因は私なんじゃないかと、私がダメだから、私が学校に行くことさえできない弱虫な子供だからなんじゃないかと、毎晩悩んでいました。毎晩泣いていました。

できない自分が嫌いでした。頑張ればできるはずなのにしようとしない自分が嫌いでした。自分が嫌いなはずなのに「愛してほしい」と叫んでいる自分がもっと嫌いでした。

強くなりたかった。
自分に嘘を吐いてでも学校に行けたかった。
両親を喜ばせられる子供でいたかった。

そう思いながらも、私ひとりぼっちでは、大きな世界をなにも知らない小さな女の子独りではなにもできませんでした。
なにもできない自分が嫌で、どんどん自己嫌悪をして、どんどん「両親への罪悪感」は積もっていきました。

常に上を目指し続けなければならなかった

私の父親はすごく実力主義というか、結果を最重要視するタイプだったんですね。

テストのとき、98点をとって帰ると「あと2点惜しかったね」と言ってきました。
大好きだった趣味の読書やゲームを精一杯我慢して私なりに頑張ってとったものだったのに、その全てが無駄だと言われた気がしました。

次のとき、頑張って100点をとって帰ると「これを続けるのが難しいんだよ」と言われました。

3教科で100点をとろうと、1つ80点をとると「これも100点ならな~」と言われました。

私自身が、一番悔しいと思っていました。
もともとプライドが高いタイプなので、凡ミスで98点だったときも、苦手な科目だけが悪い点数だったときも、悔しくてたまりませんでした。
けれど、それは私が精一杯頑張って、私なりに努力をしてとった点数です。

父親にバカにされてる気がしました。
「たったそれっぽっちの努力で“頑張った”なんて思うな」そう言われている気がしました。

常に上を目指し続けなければならない。
常に努力し続けなければならない。

その思い込みは、どんどん私を苦しめていきました。

「鷹れんは教師には向いていない」夢を否定された過去

苦しむ私にも夢がありました。

学校の先生になること。
中学で不登校に悩んでいた頃から今まで、ずっと持ち続けています。

以前父親と話した時にこんなことを言われました。

「お父さんも教員免許持ってるけど、教育実習の時にそりゃもう泣いてね。生徒との別れがつらくて」

「鷹れんは感受性がすごく強いから、教師は向いてないんじゃないかなぁ」

その言葉に、夢を否定されたと感じました。

母親からも一度「教員は今受け入れが少なくなってるし難しいんじゃない」と言われましたが、受け入れが少ないとしても、生活が厳しいとしても熱意で乗り越える自信がありました。そのくらいの覚悟をもって、夢として掲げていましたから、ショックではあったものの「夢をもつ資格」は奪われませんでした。

それに比べて父親の発言は、私には重すぎたんです。
学校に行けない最中はもちろん、それを克服した後も「一度逃げた私がきちんと仕事に就けるのか」と不安でしかたありませんでした。恐る恐る持っていたところに「向いていない」と言われてしまったのです。

私には、休む資格はおろか、夢をもつ資格さえないのかと。
悲しくなりました。

それから私は、胸を張って「教師になりたい」と言えなくなってしまいました。
「誰かになにかを教えられる人になりたい」「数学と関わる仕事に就きたい」などなど、明確な言葉にはせず、濁すようになりました。

夢を掲げられない私に残された道は・・・

不登校中、苦しみながらも耐えることができたのは、夢があったからです。

今は不登校だけれど、いつか学校の先生になって私のように苦しんでいる子供を助けるんだ。

「苦しい今」は「幸せな未来」の材料になる。
そう思わないと耐えられないほど、苦しんでいました。

そんな、唯一の指標だった夢を奪われた私に、逃げ道はなくなってしまいました。
学校に行っていない自分が生きている意味がわからなくなってしまいました。

未来を奪われた私は今を見るしかなくて、今を見ると苦しいことばかりで、「できない自分」しかいなくて、できない自分は両親から愛されない存在というすりこみがあって、逃げたくてしょうがなくて、けれど逃げ場所はなくて・・・どうしたらいいのか、分かりませんでした。

逃げ道を失った私は、罪悪感に押し潰されてしまいそうでした。
家にとどまることも許されず、進むしかなくなって学校に行きだしましたが、今でも自信をもって夢を語ることはできません。
誰かに褒められても「そうであり続けなければならないのではないか」と考えるクセがついてしまいました。

今でも、両親に対する罪悪感は持っています。
未だにできないことばかりで、それどころか両親を愛することさえできなくて、自立したいと言いながら両親に甘えっぱなしな自分が嫌でした。両親に対する申し訳なさで、未だに涙が出てくることがあります。

こんな私だけれど、あの頃より少しは進めているのかな。
そう思いながら、今日も地道に頑張っています。

最近おもうことがありまして、現在進行形で悩んでいることではありますが、ブログにさせていただきました。

最後までお読みいただき、有難うございました(*´`)♡

鷹れん

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

鷹れん
鷹れん

ティーンズプレイスを見ていただき、ありがとうございます。 管理人の鷹れんです(*´`) 小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家...

プロフィール詳細はこちら
鷹れんが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全4件のコメント

  1. 鷹れん 2015/12/6 18:10

    キュウちゃん、再びありがとう(*´`)お返事遅くなりましたぁあ(ちゃんと読んでるのよおぉ!)

    確かに、上を目指す呪縛から無理に逃れようとする必要はないのかもね(*´`)
    私が逃げたいと思ってるのは、「呪縛」そのものよりも、呪縛によって刷り込まれた「休む資格はない」「できない私に価値はない」みたいな価値観のほうかなぁ。こじらせたおかげで、おっきー責任感を抱えて生きております。汗

    キュウちゃんの考え方、すごい好き。

    私だってどっぷり汚い心もってますよ~?笑
    それは、ここではちょっとアレなんでまた後日、二人でね。笑

    「人間的」ステキなことだよ。
    キュウちゃんはそのせいで大変だろうけど、そのおかげで私はキュウちゃんが大好きです!笑

  2. キュウ 2015/12/1 19:29

    矛盾するようだけど、上を目指すのは大事だと思うよ(笑)向上心がないと人は成長しづらい気がするし。私も向上心は持ち続けたい。上を目指す呪縛(?)からは無理に逃れる必要はないんじゃないかとおもってる(笑)

    ただ、私の場合、親が学歴とか生活の安定とかをうるさく言う人だったから、学歴で上を目指したり、一流企業に就職することとか、そういう「上」を目指すことに価値観が執着してたのがようやく「そうじゃなくても価値があるかも」って思えたなってだけの話で。今の私が専門学校を中退して最終学歴が高卒なのに、大学に行くお金も学力もないしこれ以上学歴で上を望めない自分がゴミクズに思えてたのが、ようやく「高卒でもゴミクズじゃなくなれるかも?」って思えてきたなってだけの話よ。お陰で就職も前向きに考えられるようになってきたし。高卒な自分が前向きに生きる方法を探し始められたってところかな?

    そのお陰で、学歴が中卒や高卒の人たちを心のどこかで「可哀想」と差別していた気持ちからも逃れられた。人を受け入れやすくなったかな。でも、鷹れんちゃんはそんな汚い気持ちは持ってなさそうだから大丈夫だと思う(笑)私はよくも悪くも人間的だから困るね(^^;ハハハ

  3. 鷹れん 2015/12/1 16:37

    キュウちゃん
    いつもコメントありがとう~!!

    共感してもらえて、すごく嬉しい(*´`)

    他人ならまだしも、「親からの否定」ってすごいくるよね。
    どうしたって両親のほうが多くのことを知ってるし、やっぱり子供から見ると「親」って特別な存在だし。

    >「あれっそういえば私はなんで上を目指してるんだっけ?上を目指す必要ってあったっけ?」
    これって、言葉で見ればすごく当たり前なことなんだけど、そう思えるようになるまではながーい道のりがあるよね。
    私はそれでも上を目指す呪縛(?)からはイマイチ出られてないな~;;

    キュウちゃんにとって「本当に価値あるもの」が見つかりますように!!
    応援ありがとうー!これからも頑張りまっす(*´`)☆

  4. キュウ 2015/11/29 00:21

    えっ
    この気持ちすごいわかる。全部じゃないかもしれないけど、めっちゃ共感する( ;∀;)私も親にムリとかあなたにはできないとか向いてないとかばっかり言われてきた。
    それに、私の父親も実力主義だよ。しかも、私も凡ミスの98点とかを見て「自分はなんてクズなんだ」とか思ってた!!
    鷹れんちゃん、本当に似てるところがたくさんあるなぁ~。

    私は今「あれっそういえば私はなんで上を目指してるんだっけ?上を目指す必要ってあったっけ?」と思い始めたとこまで来たよ。親や周りに流されて自分の本当に大切なものを見失わなくてよかったと思う。やみくもに上を目指すのではなく、私にとっての価値のあるものをこれから探していこうと思うよ~(*^^*)

    そして、鷹れんちゃんの夢が叶いますように…✨頑張れー!!!

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP