いつかその時…。


その日、私は絶望していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悔しくって、人を信じられなくて…

涙の粒すら出なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただひたすら、頭の中である考えが巡った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「死にたい。死にたい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電車で帰ろうと思ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

(今ホームに行ったら、電車に吸い込まれるな。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死にたいと願う一方で、生きたいと願う理性が働いた。

 

 

 

 

 

 

電車で帰るのをやめた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家に着く。

自室にこもる。

 

 

 

 

 

 

 

(色々とあって死にそう。助けて。)

 

 

 

 

 

 

指が勝手に動いていた。

救いを求めた。

 

 

 

私の話を全部聞き、

どれだけクズなのかわかったはずなのに…

 

 

 

 

(生きててくれてありがとう。)

 

 

 

 

 

 

 

視界が揺らぐ。

 

 

 

 

 

 

生きててよかったの?

こんなクズが生きてていいの?

 

 

 

 

 

 

誰からも言われたことのない。

温かい言葉を初めて受け取り、

固まった心は溶けていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ありがとう。)

 

 

 

 

 

 

 

その一言が精一杯で、

自分の語彙力のなさを恨んだ。

 

 

 

 

 

 

生きてるのって悪いことじゃないかもしれない。

辛いことたくさんあるけど

暖かい言葉をかけてくれる人がいる。

その度に、優しさを知ることができる。

 

 

 

 

 

 

自分では自分を肯定できなくて

「生きててよかった」

なんてまだ思えない。

 

 

 

 

 

 

だけど、いつか私も自分に感謝する時が来ると信じたい。

 

 

 

 

 

 

そして、その時が来た時、私は笑顔で言いたい。

 

 

 

 

 

 

「昔の自分、生きててくれてありがとう。」

 

◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
当サイトを運営する団体ココトモは2018年6月に東京都内にフリースクール『Riz』をオープンしました。今この瞬間に「どこにも自分の居場所がない」と感じて苦しんでいる中高生たちに安心できる場所をつくりたいという想いで運営しています。ただいま生徒募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

mi-
mi-

辛い。苦しい。助けて。 SOSを出すのは難しい 笑顔の裏に隠された影 心の悲鳴に気がつかないふりをしていませんか? 立ち止まるのは悪くない。 高く飛ぶにはその分踏み込みが必要です。 このサイトに出会...

プロフィール詳細はこちら
mi-が最近書いたブログ

フリースクール「Riz」の新着ブログ

ティーンズプレイスの関連ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全1件のコメント

  1. laughoutloudlalala@gmail.com 2018/2/4 10:29

    私もいつもそんな感じです。
    ただ自分の部屋がないので、泣きたいときに泣けないんです。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


ページTOP