私が部活を続ける理由。

こんにちは。

今日も寒いですね、

今回は「私が部活を続ける理由。」

自分自身の決意表明のようなものです。

それでは!スタートです♪( ´▽`)

私が部活を続ける理由。

私は11月頃からほとんど部活へ行っていません。理由は、「言葉による嫌がらせ」と言うべきなのでしょうか。LINEやTwitter上に私と特定できるような内容での悪口を書き込まれました。最初こそ気にはしていなかったものの、それがだんだんとエスカレートしました。

私の高校では、部活動加入は義務ではありません。辞めたければいつでも辞めていいのです。

単純に演劇が好きと言う気持ちはあります。でも、演劇部でなくても演劇をすることはできるのです。

「私が部活を続ける理由ってなんだろう?」

私には、部員に対する愛のかけらもありません。だから、今の部員のために何か変えようという思いもなければ、協力したいという気持ちも全くないのです。

そんなやる気のない奴やめた方がマシだ。

それ以降、私は部活動に行かなくなりました。

でも、やっぱり気になってしまうのです。自分自身、部員の中では誰よりも演劇が好きな気持ちはありますし、情報量や観劇した数で負ける気はしません。

部活以外の場所で演劇を続けよう。

そんな時、ある人にこんな言葉を言われたのです。

「あの部活なら後輩が入ってきてもうまくいくだろうね。」

私は耳を疑いました。

うまくいく…?んなわけないでしょ。

その思いが、部活を続けようと思った理由でもあります。

この部活のままだと来年入ってきた1年生は確実に潰れる。

実際、毎年部員との人間関係に悩み辞めていく部員が1人は必ずいます。

彼女たちはいじめなどが起きる典型的な集団。

互いが互いの悪口を言うのに仲が良い。

そして誰か1人を排除して、その者を排除することによって1つの団結力を得る。

その団結力は強く、一種の仲間意識ができるため悪いことを悪いと思わない。

中学の頃から嫌がらせを受けてきた私にとって、部活での出来事はよくあること。

落ち込まなかったと言えば嘘になりますが、「あぁ。またか…。」と思うことができました。

でも、来年一年生として入ってくる子が今までいじめなど受けたことがない子だったら?

学校に来れなくなってしまうかもしれません。

これ以上人を傷つける集団であって欲しくない。

そのために自分ができることは?

嫌がっているように感じたら「そんなこと言うの辞めなよ」って言う。

辛い思いをしている子がいたら「私は君の味方だよ。」って伝える。

自分にしかできないことはたくさんあると思うのです。

私はもうすでに嫌われています。

だから、これ以上嫌われることを恐れる必要はないのです。

そして、彼女たち自身に気がついて欲しいのです。

「自分のしていることは本当に正しいのだろうか?」

悪いことを悪いと感じなくなった時、その集団は良い集団ではなくなると思います。

私には、自分たちが良い集団ではないと気がつかせる責任がある。

このままだと、今後も演劇部は人を傷つける集団であり続けるでしょう。

来年入って来た一年生を潰さない。

これが、私が部活を続ける理由です。

 

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

mi-
mi-

1番つらい時に、ティーンズプレイスと出会いたくさんの人に救われました。自分の想いなどをブログで発信できたらいいなと思っています!よろしくお願いします。...

プロフィール詳細はこちら
mi-が最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP