いつだってスタートは自信なんてないし出来ないことばっかり。

こんばんは。鷹れんです。
最近、「新しいこと」に挑戦させてもらうことがすごく増えています。

現在大学二年生なんですが、教師になるための授業で「教育実習生として挨拶とちょっとした授業のようなもの」をすることになったり。しばらく前だけど家庭教師のアルバイトをはじめたり。ティーンズプレイスの新企画を計画していたり……!(詳細はお楽しみに☆)
この夏にはBBQをしにいく予定なんですが、多分家族とか親戚とかがいないBBQは生まれて初めてのことです。一緒に企画してくれている友達と予算をねったり日時を調整したり、大変だけれど、楽しいです。
来年からは夏も冬も春も秋もまともに遊べそうにはないので、今のうちに大学四年間分楽しんでおこうと思います。レポートもやらなくてはいけないんですけどね(ゝω・)

しかしそうやってたくさんの「新しいこと」に挑戦していますが、未だに最初はビックビクに緊張しています。

うまくいくかな。失敗しないかな。怒られないかな。迷惑かけないかな。本当に自分でいいのかな。本当にこれでいいのかな。もっとできることなかったかな。ちゃんと準備できたかな。なにか不足しているものはないかな。あの時ああしていればよかったかな。
それが成功するか失敗するかはたまた新しい道を開くか、なにも分からないうちから「失敗したときのこと」を考えてはあーだこーだ悩んでしまいます。

どんなものであろうと、「観葉植物を育てる」みたいな簡単そうなものであっても、生まれて初めてやる瞬間には「自信」も「保障」もありません。できないことばかりのスタートです。
失敗なんて数え切れないほどします。迷惑だってかけます。足りない部分なんて当たり前に存在します。

「自信」というのは「自分を信じるチカラ」のことだから、つまりは「自分は出来る」「自分はすごい」と思えるかどうか、ってことじゃないでしょうか。
新しいものを始めるっていうのは、自分の人生の中で前例のないものに取り組むっていうこと。むしろ自信があるときの方が、珍しいです。

やったことのないものに対して「自分はできる」なんて思えない。

以前は、その後ろ向きともとれる気持ちがすごくコンプレックスでした。

自信がない。自己肯定感もない。そもそも自分ってものがわかんない。わかんないから、大切にできない。大切にできないのに、傷つくのは怖い。
はじめるのが怖い。でもこのままで居て、置いていかれるのも怖い。みんなはあっという間に行ってしまう。要領の悪い私は、みんなの何倍も頑張らないといけない。

私の中にはつねに「劣等感」「焦燥感」「自己否定感」みたいなものたちがぐちゃぐちゃに混ざった感情が居座っていて、楽しい気持ちや嬉しい気持ちが入ってきてもその「ぐちゃぐちゃ」が邪魔をして、楽しいはずなのに楽しい顔ができなくて、嬉しいはずなのに帰りに涙が出てきて……そんな苦しい時間が、もう何年も、続いている気がする。今も。

前と変わったのは、「自信もないし失敗もするだろうけれど、やったらどっか変わるはず」って思えてること。
たとえ三日坊主でなにかが終わったとしても、その三日間で私はなにかを得ているはず。今は分からなくても、いつか気づけるはず。
今では、そんなふうに考えています。

あぁ明日も。新しい生徒さんのところに行く。
自信なんてまるで持てないしきちっと質問に答えられるか分からないけれど、それでもとりあえず、やってみようと思います。
私の中に、「なにか」を得るために。

鷹れん

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

鷹れん
鷹れん

ティーンズプレイスを見ていただき、ありがとうございます。 管理人の鷹れんです(*´`) 小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家...

プロフィール詳細はこちら
鷹れんが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP