【ブログリレー】私の在り方

ブログリレー9日目!

担当者は私、雪灯です。

活動休止するとか言っておきながら昨日に引き続き案外早い一時復帰となりました。今日は担当者がいないらしいので、ピンチヒッターとしてフリーテーマで書いていきたいと思います。

というわけで今日のテーマはこちら!

 

ブログリレー9日目
担当:雪灯
テーマ:『私が小説を書く理由』

そもそものキッカケ。

そもそもの話、なぜ私が小説を書くようになったのかと言えば、それは小説を読むことがまず好きだったからです。

幼い頃から本を読んでいるうちに、私はいつの間にか本を読むことが大好きな小学生になっていました。放課ですら本を開き、その日借りた本を放課だけで読み終えてしまったために2回図書室に行っていたこともあります。今でも、特に用のないときは読み終えた本を持って図書室に行くし、外出先にも大概カバンに1冊の文庫本を入れていきます。

母親からは逆に読書を禁止される。それほどまでに私は読書が好きでした。

 

小説を書くキッカケは。

私に直接的なキッカケをくれたのは、今年でもう15年の付き合いになる親友兼幼馴染みである人でした。

その友人は、絵がとてもうまくて。小学生の時に漫画の合作をしないかと持ちかけられたのです。結局は私の根気が足りなくて実現しなかったのですが、それがキッカケで私は『小説を書く』ことに興味を抱くようになったのです。

 

それから、本当の意味での処女作となった学園ミステリー(合作予定だった)を完結させた後、無事に完結したのはたった1本だけです。いじめをテーマにした作品でした。

そして、私は高校生になり、文芸部に入部しました。部誌掲載作品では処女作にあたる家族モノ、シェアハウスのメンバーと拾われた天使の子の生活を描いたファンタジー、単発で書いた部活モノ……。そのなかでも私がいちばん思い入れがあるのが、『サヨナラと愛を』という作品でした。

 

『サヨナラと愛を』と今

『サヨナラと愛を』は、自分自身の出来事を多くモチーフとして使用した、ファンタジーなフィクション作品です。私はそこにたくさんの本音を詰め込みました。

学校生活で抱いた不信感、何度も死を意識したあのとき、友達に抱いた不信感とそれに伴う罪悪感……。多くを伏せ字にした会話文も、元々は全部文章として書ききっていました。しかし、顧問の先生の勧めで伏せ字に変えました。

私の作品を読みたいと言ってくださった先生もその顧問の先生も、読んで泣けてしまったといいます。

 

私がティーンズプレイスでも小説を書く理由、それは誰かにこの思いを知ってほしいからです。

つらい記憶も、私の小説を読むことでプラスな気持ちへ変えてほしいのです。

そして、それが生きるキッカケになったのであれば、私はそれで幸せなのです。

 

 

 

なかなか支離滅裂なブログになってしまいましたがいかがでしたか? またご愛読頂ければ幸いです。

 

次はいよいよ10日目!

テーマは「幸せ」! ……難しかったらごめんなさい(;>_<;)

 

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

雪灯

今、あなたは心の底から笑えていますか。 今、あなたは想いをわかりあえる人がいますか。 今、あなたは幸せですか。 私はなかなか人に気持ちを伝えることができず、抱え込んでばかりです。 ここでは素直に...

プロフィール詳細はこちら
雪灯が最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP