Lie、過去から学ぶこと(1)

こんにちは、Lieです。
今回は、過去の事を振り返り、そこから考えた事を皆さんにお話ししようと思います。
※ここから口調が崩れます

あの時何が起こっていたのか?

前のブログでも話したけども、さらっと触れた程度だったよね。
今回は、それを思い出しながら、詳しく話していくよ。

まず、事の始まりは先生が逃げたことからだった。
隣のクラス、3組の生徒が先生の悪口を言いまくって、先生が逃げたらしい。
実を言うと、本当の事はよく分かんない。なんてったって、皆言っている事が違うんだから。
それからと言うもの、3組では学級崩壊が起きた。
それと同時に、私の友達がいじめられ始めた。
酷いもんだよ。先生達はそれを包み隠し(皆知ってるのにね)、私の2組や1組にも影響が来た。

私の友達は、昼休みにそれを打ち明けてきた。
元々は、その子じゃなくて、その子の友達がいじめられていたの。
ちなみにそれは本当。その子の友達の卒業文集に、いじめられてたって書かれてたしね。
んで、だんだん私の友達がいじめられてきてね。
それからと言うもの、2組と3組を行き来する生活が始まったよ。

主な被害者は二人。男の子と女の子。他にもいたけど、全員私の友達。
いじめの例としては…
・黒板に『(某映画名)のヒロイン(男の子の名前)くん!』『(他被害者の名前)と(他被害者の名前)はラブラブです!』などと落書き。
・『入れて』と言っても話や遊びに入れてくれない(女の子)。
・委員会の用事で忙しく、自分で給食が作れなかった時にも誰も作ってくれない(女の子)。
・筆箱で殴られる、追い回される、『どーせチクるんでしょ?』等と暴言・暴力(女の子)(男の子は暴言のみ)。

最後の最後に校長に話に行ったけどね…
校「こう言う事があったのは非常に残念です。でも、この件については解決するのは難しい。そうでしょう?」
私達「……………」
校「こう言う事は先生達の中でも共有します。卒業式練習の場でも話させて頂きます。」
………うん。これだけ。
本当にこれだけ。
いやね、卒業式間近なのは分かるけど。何も無いって何?

ここから何を学ぶ?

さてと、大事なのはここから。

まず、今の現状とくっつけると、いじめた相手は悪いと思っていないと思う。
もしくは、覚えていない。
何故かって、それについての話を全くしていないから。
まぁ、話さないって言う暗黙の了解かもしれないけど。
でも本人達も『3組学級崩壊してたよww』とか言ってたし、下の2つは無いと思う。
つまりだけど、いじめた相手は、注意や怒られる、罰せられないとそれを悪いとは思わなくなってくる。
いや、もしくはそれでも悪いとは思っていないかも。

それって実は一番最悪なんだよね。
だって、【これは悪くない→楽しい→またやりたい→いじめの再開】ってループが続く可能性があるんだから。
反省してたり、悪いと思っているなら別なんだけどね。
大体のいじめがこうなんだ…

まとめ

まず、いじめは相手が悪いと思わなければ、続くと言うこと。
つまり、いじめを止めたければ、相手に『間違ってる』と言うこと。
それでも続く時はあるけれど、その方が明らかに状況は良くなると思う。

ちなみにそのいじめの主犯と被害者の男の子が同じクラスです…
ケアはしてるけど、これからも気をつけていくよ。

ご視聴ありがとうございました!
ご意見等ありましたらコメントにお寄せ下さい!

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

Lie
Lie

初めまして。 『嘘』と言う意味の『Lie』と書いて『リエ』と読みます。 私は普段からネットや現実等で、『いじめ防止活動』なるものをしています。 主ではないですが、このサイトでも活動していきます。気軽に相談してください。 ...

プロフィール詳細はこちら
Lieが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP