夏休みが終わる頃

もうすぐ夏休みが終わりますね。

夏休みが終わりに近づくにつれて、憂鬱になる人も多いと思います。

今回は私のことを少し書きたいと思います。

私は中学生の時、学校が大嫌いでした。

友達はいても、クラスで上手くいかず、毎日が辛かったです。

私が一年間で一番憂鬱になるときがありました。

それは夏休み最後の日です。

休みが長かったのでその分、終わる頃には憂鬱になりました。

次の日から学校だと思うと嫌で嫌で仕方なかったです。

友達がいつも通り接してくれるだろうか…?

クラスメイトからは無視されないだろうか…?

色んなことを悪い方にばかり考えていました。

登校日さえも嫌で、不安で前の日の夜には泣いていました。

夏休みが始まった日からもうずっと夏休みのままでいい

学校なんて始まって欲しくない、そう思っていました。

学校が楽しいと思えた日

学校が大嫌いな私でも唯一楽しいと思えた日がありました。

それは夏休み中の補習でした。

そのとき、思ったことがありました。

学校が楽しい!

夏休み中の学校に行くことは楽しかったんです。

私をいじめる人もいない、大嫌いな先生もいない、クラスメイトからも陰口も気にしなくていい。

それは私にとってはとても楽なことでした。

仲のいい友達と一緒に受ける補習はとても楽しかったです。

私は学校が嫌いだった訳じゃない。

環境が変わればいくらだって楽しいと思える。

そう気づきました。

学校が楽しいと思えない自分が嫌で責めていた私はそのとき、心が少し軽くなりました。

辛かったら休んだっていい

学校は絶対に行かなければならない場所ではないと私は思います。

休むことも難しいですが、本当に辛いときは休むことも大切なことだと思います。

私は高校生になった今でも夏休み最後の日はとても憂鬱になります。

それでも学校に行く意味を見つけて頑張りたいと思います。

まのん

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP