「学校に行きたくない」と親に伝える方法~不登校ブログ2~

前回に引き続き、不登校の話です。
悩み苦しみ、不登校になる決意をしたはいいものの、中学生だった私は親・先生に話さなくてはいけませんでした。

実は不登校になる少し前に担任の先生に相談していたのですが、先生はいじめてきていた生徒たちを一度注意しただけで(しかも名指しで!「鷹れんをいじめてるんだって?」みたいに)、いじめの悪化に拍車をかけただけでした(^^;)
そんなわけで不登校になると決めましたが、なかなか親に伝えることはできませんでした。

何故親に伝えることができないのか?

1.「不登校=ダメなこと」という価値観

小学生の頃から学校は好きじゃなかったので、よく「学校に行きたくない」「休みたい」と言っていました。そのときいつも両親は「学校に行きなさい」「学校に行くことが当たり前なのに、今週何回休んだと思ってるんだ」というようなことを言ってきました。
その度に私は「学校に行きたくない私は怠けものなんだ」「学校に行くことは当たり前だから、行かなくちゃいけないんだ」と思っていて、すごく苦しかったです。

だから、今回のことを告白するときも「否定されたらどうしよう」「無理にでも行けと言われたらどうしよう」と不安でいっぱいでした。
さらには、そういうことを言われ続けてきたからか、自分の中にも「学校に行く=当たり前」「学校に行かない=悪い」という価値観が芽生えていて、それに対するひけめもありました。

2.親に迷惑をかけたくない

不登校になると、もちろん学校に事情を説明しなくてはいけません。私の場合は、一度先生に裏切られたように感じてしまってたので、その説明もすべて親に任せていました。
また、当たり前ですが不登校のときは一日中家にいることになります。給食だったお昼もつくらなくてはいけないし、特に母親には大きな負担になるのです。
学費だって払ってもらってるし、学校に行かなくても生きてるだけでお金がかかります。

親への迷惑をかけたくない気持ちや、親への申し訳なさで胸がいっぱいでした。

3.「自分はいじめられている」と告白することの惨めさ

不登校になる過程で一番つらかったのが、両親に不登校になる理由を言わなければいけないことでした。

「私、学校でいじめられてるの」そう親へ告白することが、どれほど惨めか。
子供なりに持っている自尊心やプライドが、どれほど傷つくか。

当時からいじめはニュースなどで報じられていましたが、比べていると「自分はこの程度のことしかされていなくて逃げるのか」と悩んでしまうことが多くて、とてもつらかったです。不幸の比べっこなんてしてもしょうがないでしょ、と今では思うけれどつい「この程度のことで」と考えていました。
それに「いじめはいじめられる側が悪い」という声も少なくなく、特に私はいじめられた原因が私の行動にあったので(そんなこと言ってもいじめはいじめる側が悪いって今では思ってるけどね!ふん!)それを考えずにはいられませんでした。
「私は被害者面してるだけで、本当は全部私が悪いのではないか?」
「私のせいで、親にも、学校にも、いろんなところに迷惑をかけてるんじゃないか?」
そんな気持ちは、不登校になる前もなった後もずっと私を苦しめました。

4.学校に行かなくなる、レールを外れる不安

義務教育を卒業して、高校に行って、いい大学を出て、いい会社に入って、いい人を見つけて、家庭を築く。

今の日本では、そういう道がいわゆる「きちんとした道」と言われていますよね。
私が中学生のとき、先生と二者面談をする機会がありました。「中学を卒業して働く」みたいな選択肢はもちろんなくて、ぼんやりと「大学まで行って就職するんだろうなぁ」と思っていて、「中卒で働く人もいる」というのは知識としては知っていたけれど身近なものではありませんでした。

そんな「あたりまえの道」から逸れるということが、たまらなく恐ろしかったです。

親に伝えるために鷹れんが試したこと

上記のような理由でなかなか親に伝えられなかった私ですが、親へ伝えられない気持ちよりも学校へ行きたくない気持ちのほうが強くなり、やがて伝える決意をしました。
しかしなかなか言い出せなかったため、対面で話す前にふたつのことを試しました。

メモ書きをリビングに置いておく

私が実際にやった方法です。
「学校に行きたくない。しばらく休ませてください。理由は後日きちんと話します」とだけメモ用紙に書いて、リビングのテーブルにテープで留めておきました。その日は食事もろくにとらずにずーっと布団の中で過ごしました。
精神的な疲れからか、午前中はずっと寝ていたので、ノックがあったかどうかは覚えていません。少なくとも午後はそっとしておいてくれました。

学校が嫌な理由の細かいところなどは伝わりにくいので私はきちんと会って話すと決めていましたが、「学校へ行きたくない」ということを伝えるだけであればメモ書きでじゅうぶんだと思います。

もしそれで親が話をきいてきたら「理由は今は話したくない」でもいいと思います。書いておいて、いつでも出せる状況にしておくだけでも心の荷物はちょっぴりおろせるはずです。

メールで打ち明ける

どうしても「いじめられている」という事実を伝えられなかった私は、父親にメールで「話したいことがある」と伝えました。
対面が怖い場合は、メールなどに頼ってもいいと思います。その後、メールのやりとりの中で、いじめられていること、先生に相談したけどダメだったこと、そして学校には行きたくないことを伝えました。

その後対面で話しましたが、一度事実を打ち明けていたこともあり(私が話すたびに少しずつ傷ついていく両親を見ているのは心苦しかったですが)予想よりもスムーズに話すことができました。
メモを書く段階で自分の気持ちを整理し、渡すことで前置きをし、事実はメールで伝え、感情は対面で伝える。
この流れが、私にとってはとてもよかったです。
勿論個人差はあるけれど、いきなり対面ではなく段階を踏んで進んでいったほうが、本人にとっても両親にとってもいいかと思います。

最後に

両親に伝えることは、私にとってとても大きな障害でした。
もちろんこの後も苦しむことになるけれど、一度きちんと受け入れてくれた両親には、心から感謝しています。

次回は不登校中の一日の過ごしかたをお話する予定です。
「ここ詳しくききたい!」「こんな話をききたい」などなどありましたら、いつでもコメント欄へどうぞ(*´`)♡
ではでは、お付き合いいただき有難うございました。
鷹れん

不登校ブログシリーズ

【不登校になった原因~不登校ブログ1~】
【「学校に行きたくない」と親に伝える方法~不登校ブログ2~】←このブログ
【実録!不登校中の一日のスケジュール~不登校ブログ3~】
【居場所がない。不登校で、家にも居場所を失った~不登校ブログ4~】
【不登校中の癒し7つ~不登校ブログ5~】
【不登校中の勉強方法~不登校ブログ6~】
【不登校になった頃の先生の対応~不登校ブログ7~】
【不登校中に持っていた「希望」の話~不登校ブログ8~】
【不登校になってからの友達関係~不登校ブログ9~】
【不登校になってよかった7つのこと~不登校ブログ10~】
【学校をさぼるのって悪いこと?~不登校ブログ11~】
【不登校中に心の支えになった本~不登校ブログ12~】

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

鷹れん
鷹れん

ティーンズプレイスを見ていただき、ありがとうございます。 管理人の鷹れんです(*´`) 小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家...

プロフィール詳細はこちら
鷹れんが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全13件のコメント

  1. 華蓮 2017/10/17 09:03

    コメント失礼します

    この投稿を手本?にL○NEで親に話してみました

    部屋にズカズカ入ってきて3時間あまりの尋問のち今日だけ休ませてもらいました

    もう限界です

    笑顔作るのも面倒くさいくらいです

  2. まなか 2017/6/19 01:10

    親が学校休ませてくれない。引きずり出されます。

  3. コチ 2017/6/4 10:59

    僕も学校へ行くのは、嫌ははにはなそうとおもいます

  4. ふうか 2017/1/19 00:28

    学校に行くのがいやです

  5. 破壊神ビルス 2016/5/26 20:33

    質問が遅れてしまい、申し訳ありません。
    中学一年です。私の悩みに付き合っていただければ、幸いです。
    いま、私は中学校生活に慣れながらも、新しい友達を作ろうと頑張っています。

    しかし、気になる子や、この子大丈夫かな…?という
    子もちょくちょく見かけます。
    そういった子には積極的に話しかけるのですが、
    たまに、冷たい反応をとる子や、からかって来る子もいます。

    出来るだけ関わらずにいようとするのですが、
    相手から関わってくるのでどうにも出来ません。
    先生に話そうとするのですが、話す機会もなく、
    家族に話そうとしても中々勇気が出ません…~_~;

    中には身体的なからかいを行う輩も居ます。
    そういった場合はどうすれば良いでしょうか?
    自分で悩んでいても頭がパンクしてしまうだけなので、
    相談はしたいと思っています。

    何か勇気を出す方法はありますか?
    同じ経験をされた方は多いと思います。
    (体の成長が比較的早い方は特に)
    なので、勇気を出す方法があれば教えてください。
    鷹れんさんのお返事、お待ちしております。

  6. 鷹れん 2016/4/24 23:38

    マロンさん
    お返事遅くなってしまってごめんなさい><
    コメントありがとうございます

    「泣く」というのにはストレス発散の効果もあるそうだから、学校に行きたくないときなどには効果的かもしれないですね^^
    ひとりではなく誰かと一緒に行くことも、「ひとりじゃない」と感じれる材料になるのかな

    マロンさんの学校生活が幸せでありますように!

  7. 鷹れん 2016/4/24 23:13

    大田さん
    ずっとお返事できなくてごめんなさい。コメント有難うございます^^

    おじいさんが亡くなってしまったんですね。
    お母さんからすればお父さんなわけだから、きっと大田さんも、大田さんのお母さんも大変つらい想いを抱えていると思います
    大田さんはお母さんの気持ちを想像できるから、「自分よりもお母さんのほうがつらい」と考えてしまうのかな(勘違いだったらごめんなさい;;)

    でも、つらい気持ちは比べられません
    だからなによって話なんですけれどね、
    つらい気持ちは比べられないし、ある人が励まされる言葉でも別の人は傷つく、なんてことはよくある話です

    例えば一緒に暮らしていた猫さんがいなくなってしまったとき、
    ある人はじっくり時をかけて癒します。(つまり、なにをしたって時間が経つまでは気を紛らわすことができても解決できません)
    ある人は新しい猫さんと暮らし始めることで傷を癒します。
    またある人はスポーツや趣味など別のことに打ち込むことで傷を癒していきます。

    大田さんはおじいちゃんのことに関するかなしみ・つらさ・悩みを人に話して軽くできるのかもしれません。だとしたら、お母さんに甘えてしまってもいいのではないかな
    「かわいそう」なんて思わずに、ね

    大田さんがお母さんを頼ることで、同時進行でお母さんの傷も癒せるかもしれません^^

    小学3年生なのにすごくしっかりした考えを持っていて、なんだか感動してしまいました
    また遊びにきてくれたら幸いです^^

  8. マロン 2016/3/23 06:45

    私も学校行きたくなくなることがあります。その時は、お母さんの仕事が、近所で歩いていくので、途中まで一緒に行ってます!そして、お母さんの仕事が休みの日は、朝早く起きて布団の中で、泣いてます。そしたら、すっきりして学校に行きたくなります。

  9. 大田 2016/3/23 06:38

    私は、おじいちゃんが死んで学校に行きたくなくなる気がして何回かお母さんに話しをしたら、お母さんがかわいそうに見えて苦しいです。どうしたらいいのですか…

    小学3年女子

  10. 鷹れん 2016/1/22 15:54

    akumaさん、コメントありがとうございます

    いまも親との関係がいいわけではないので生意気なことは言えないのですが、
    不登校のときは、誰にも分かってもらえなくて、むしろ責める言葉ばかりで、すごくつらかったです

    でも、だからこそ自分が誰かに言葉をかけるとき、より選ぶことができるようになりました

    いまも完全に乗り越えたわけではないと思うけれど、だいぶ「不登校」というものを肯定的に捉えられるようになりました

    akumaさん、他にも書き込みしていただきましたしたよね
    使ってもらえて嬉しいです
    ぜひまた、いらしてくださいね(o^^o)♡

  11. akuma 2016/1/22 15:48

    私は、現在形の不登校です。

    親には、わかってもらえず、辛い?です。
    いじめを受けていたので、
    ちょっとした言葉(ふざけてor冗談の痛い?言葉)
    で、傷付きます。
    それで泣けば、「泣き虫」と言われます。

    不登校が終わり、学校に行っても、
    友達にも、「どーせ、ずる休みでしょ?」
    と、私をわかってもらえません。

    なので、鷹れんさんは、凄いと思います。

  12. 鷹れん 2015/11/15 21:29

    のえるちゃん
    いつも、こころのすーーーっごくこもったコメントありがとう!笑
    不登校な人・不登校だった人に対して少しでも力になれればと思ってこのブログを書いたので、そう言ってもらえると嬉しいです(*´`)♡

    私自身は「自分のことで精一杯でまわりのこと考えられてなかったなー」って思うことが多いから
    >いっぱいいっぱい、自分だけじゃなくていろんな人のことを考えていたのかな…。
    >やっぱりすごい優しいこころをもっている人間なんだな。
    >ってブログを読みながら感じました。
    この部分は意外でした。
     
    これからもその言葉を励みに、がんばりますー!!
    次回ブログもお楽しみに☆

  13. のえる 2015/11/15 17:45

    いつも、こころのすーーーっごくこもったブログありがとう。
    私も不登校だったからさ、当時のことを思い出しながら読んでます。
    わたしは、親に対して
    無視
    「は?」
    「うざい」
    しか言っていなかった気がするので…。
    尊敬します。
    いっぱいいっぱい、自分だけじゃなくていろんな人のことを考えていたのかな…。
    やっぱりすごい優しいこころをもっている人間なんだな。
    ってブログを読みながら感じました。
    次回もそのあとも、ずーっと楽しみにしてるね(*^^*)

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP