父と向き合うことで見えた、親の変化

こんばんは、たかれんです(*•̀ᴗ•́*)
ここ1ヶ月ほど(もっとかな?)気分の浮き沈みや体調の変動が激しく、人と話しては「病院行ったほうがいいよ」と言われまくる日々をおくっておりました。

特に深夜帯はしんどくて、兄の足音にすら敏感に反応してしまいます。
人と会っている時、話している時は元気なので、単なる「怠け」ではないかと思っていたのですが、にしても気分の沈み方が尋常ではなく…真剣に、病院に行くことを考えるようになりました。

ただ、その中で(もしかしたら大学を休学するかもしれなくて)どうしても親に相談しなければいけないことがありました。

両親との思い出は9割以上が私にとってつらく苦しいもので、言われた言葉やとられた態度から、私は「親に自分の考えを伝える」ということにひどく恐怖を覚えるようになっていました。

ただ、母親はそういう難しい話が苦手な人なので、もし両親に話すのなら私の1番の恐怖の対象である「父」に言わなければなりません。

父親は普段全くと言っていいほど家におらず、いたとしても酔っ払っているか仕事をしているか…という人です。
それが先日、たまたま素面で仕事もしておらず「話すなら今日しかない!!」と、父に話すことを決意しました。

けれどいざとなると怖くて。
自室でぼろぼろ泣きました。
ちょうど連絡をとっていた2人の友達に事情を説明し背中を押してもらい、これまでもらった手紙を読み返し、鏡の前で自分を励まし…1時間くらいの葛藤の後、私は父の部屋のドアをノックしました。

結果として父親は、私のことを否定したり拒否したりもせず、きちんと話を聞いてくれました。
むしろ、私が「家を出たいと思ってる」と伝えたことについても考えていたらしく、「知り合いの家が一部屋空いてるから短期でお世話になるのも気分転換になるんじゃないか」等提案をしてくる場面も!
空回りしてる感はあったけれど(笑)過去はどうあれ、今はあの人なりに「父親」をやろうとしてるのだなぁと感じることができました。

今、親に考えが伝えられず苦しんでいる人へ

親のことが怖くて、信用できなくて、今の現状が申し訳なくて…、色々な想いを抱えて「親に対して意見を言えず苦しんでいる人」へ、お伝えしたいことがあります。

私は随分と長い間、親に意見することができませんでした。
その一番の根本は、「親に捨てられたら行く場所が無い」という気持ちです。

今、こうしてサイトを運営したり、ブログを書いたりしていく中で、私なりに居場所を見つけられているのは確かです。
でも現実問題、今親から見放されたら、まぁ困ります。めちゃくちゃ困ります。

「親に捨てられる」なんて到底現実として信じてもらえないようなことが、容易に想像できる世界。
そんな世界で生きてきた私にとって、「親」というのは、守ってくれる存在でもなんでもなく、ただの「絶対的強者」でした。
言うことをきくしかない。逆らってはいけない。ご機嫌をとらなければいけない。
日々変わり続ける彼らの中の「理想の娘像」を必死に追いかけ、これまで生きてきました。

しかし今回、親に否定されるかもしれないことを伝える中で、ひとつ、大切なことに気が付いたのです。

私は勇気が必要なとき、よく鏡の前で自分に呼びかけます。
「大丈夫」「あなたならできる」「これまであんなことをやってきたんだから」「あなたは強い。あなたは優しい」
言葉は時々によって変わりますが、とにかく鏡の向こうにいる自分に対してあたたかいメッセージを投げ続けます。

今回もそれをやったのですが、「一人でも大丈夫」と言いかけたとき、ふと違和感がありました。

私は、一人でも大丈夫なのではなく、一人じゃないから大丈夫なんじゃないか?

仮にここで親から見放されたとしても、支えてくれる人がいる。
そう、自然に思えたんです。

だから、画面の前のあなたも。
一人じゃないから、大丈夫です。あなたの声を聞く人はここにいます。頭ごなしに否定してくる人や、話をまともに聞き入れてくれない人だっていたかもしれないけれど、そういう人達に出会った時に「やっぱり私・俺はダメなやつなんだ」なんて考える必要はありません。
大丈夫。
あなたの声を、聞かせてください(`・ω・´)

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

鷹れん
鷹れん

ティーンズプレイスを見ていただき、ありがとうございます。 管理人の鷹れんです(*´`) 小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家...

プロフィール詳細はこちら
鷹れんが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全1件のコメント

  1. さつき 2016/12/1 18:06

    鷹れんさんがブログのネタにもしかしたら困っているのではと思い、コメントを書きました。
    次のブログは自己肯定感について書くというのはどうですか?
    私は自己肯定感を高めるために必要なことは三つあると思います。
    1 自分の居場所が社会にあること。
    2 今が幸せだと思えていること
    3 果たせそうな目標があり、それに向かって頑張れていること
    以上です。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP