幸せになることへの恐怖

こんばんは、鷹れんです(*´`)
ずっと、私は幸せになってはいけないのだと思っていました。

自分の傷よりも、だれかの傷のほうが痛かった。
自分が不幸せになることよりも、だれかが不幸な状況で苦しんでいるほうがつらかった。
私が代わりに背負うことでだれかの心がちょっとでも軽くなるのなら(それが本人が気づかないくらい些細なものであったとしても)それでよかった。

私が幸せを感じるとき、いつだって誰かが不幸を背負っていた。

小学生のとき、いろいろな事情で兄が学校に行っていない時期がありました。
小学校はまだ私にとっては幸せだったから、家へ帰っては母に「今日こんなことがあったよ」と話していました。そうやって話をして母に共感してもらうことは私にとっては幸せなことだったのだけれど、その話を傍で聞いている兄がとてもつらそうで、私は話すことをやめました。

中学生のとき、学校に行きたくなくてしょうがなくてでも誰にも相談をできなくて、やっとの思いで学校をサボったことがありました。でもそれが親にバレて、学校にも親にも迷惑をかけました。

私が苦しみから逃れようとすると、いつも誰かに負担をかけてしまいます。
いじめられて転校するときも、たくさんの負担を親にかけました。

私が学校に行けなくなったから、我慢のできない子供だったから、そもそもいじめを受けるような存在だったから、家族に負担ばかりかけて、家族の仲にどんどん歪みをつくってしまいました。

いっそ自分が生まれてこなければよかったんじゃないか
今からでも居なくなったらすこしは負担を減らせるかな
あぁでも迷惑のかけない死に方ってなんなんだろう

そんなことをずっと考えていたように思います。

今でも時折、「うちの家族は私がいなかったほうが幸せだったんじゃないかな」と考えてしまいます。

私がいなければ、兄は今の二人分にわけられた愛情を独り占めできていたのではないかなぁ。私がいなければ、母は兄の育児が落ち着いてからもっと外へ出る機会があったのではないかなぁ。
私がいなければ、父は仕事で忙しい日々の中何度も学校に出向くことはなかったのではないかなぁ。

じゃあ、なんで私って生まれてきたんだろう?
その疑問に対しての今の答えは

「私がいなければ、母の愚痴を聞く人(=母に反論しない存在)はいなかった。兄のいじめられるストレスを発散する相手(=兄よりも弱い存在)はいなかった。父が自分の権威を示す相手(=父よりも無知で逆らわない存在)はいなかった。」

です。
母の愚痴を聞いたり、兄のストレス発散の相手になったり、父のプライドを守る相手になったりすることこそが、自分の役目なのだと。
だからそれをするのは当たり前で、それらができない自分には「家族の中での存在価値」はないのだと思っていました。

私が幸せになるとだれかを不幸にしてしまう。
だから、「だれかの不幸をなくすこと」が自分の幸せだと感じることで、自分の幸せと相手の幸せを両立させようと思ったのかもしれません。

ほんとうはその2つは、関係ないのにね。

幸せになるのが、こわい。

今私、めちゃくちゃ幸せなんです。
話をきいてくれる存在がいて、学びたいことを学べる環境があって、がんばりたいだけがんばれる場所があって・・・。

それが、こわいんです。

私にとっては「つらい状況にいること」が当たり前だったから、今のこの状況が違和感しかないんです。
私を助けてくれる人なんていなかった。安心できる場所なんてなかった。自分の気持ちを押し殺すことが、私がこの場所で生きるための方法だった。それが、当たり前だったんです。当たり前だったのに、そうじゃなくてもいい場所に、人に、出会ってしまいました。

褒めてもらうことも、「頼っていいんだよ」って言ってもらえることも、あたたかい空間を共有できることも、段違いに増えました。

でもきっと、いつかは崩れ去ってしまう。
そう、必死に思おうとしてるんです。私の心は。
そう思っていないと、そう思っているフリをしていないと、いざ崩れてしまったときに耐えられないんです。

今の状況でもすっごく幸せだから、今のままでいいんです。
これ以上大切なものが増えてしまっては、これ以上恵まれてしまっては、今度ひとりで生きられなくなってしまうから。孤独に耐えることができなくなってしまうから。

なのに人は私に「もっと幸せになっていいんだよ」と言います。

私は今のままで十分です。
そんなウソが、崩れ去っていくのを、最近ひしひしと感じます。

もっと幸せになっていいんだよ。

そんなことを、いつか自分に真正面から言いたいものです。

◆PR:元不登校生たちが運営するフリースクール『Riz』オープン!
当サイトを運営する団体ココトモは2018年6月に東京都内にフリースクール『Riz』をオープンしました。今この瞬間に「どこにも自分の居場所がない」と感じて苦しんでいる中高生たちに安心できる場所をつくりたいという想いで運営しています。ただいま生徒募集中!

⇒Riz公式サイトはこちら

このブログを書いた人

鷹れん
鷹れん

ティーンズプレイスを見ていただき、ありがとうございます。 管理人の鷹れんです(*´`) 小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家...

プロフィール詳細はこちら
鷹れんが最近書いたブログ

フリースクール「Riz」の新着ブログ

ティーンズプレイスの関連ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全1件のコメント

  1. まりな 2016/11/7 00:44

    私は今、そんな状況から抜け出せないです。自分が幸せになっていい理由がみつからなくて、進学することも就職することも私が求めていいものではないように思えるんです。時間ばかりが過ぎていく中、自分が本当にやりたいことも見つかりません。
    でもこのブログを読んで、少し、自分にとっての幸せを考えてみたいなと思いました。ありがとうございました。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


ページTOP