過去を話すだけで、なぜだか心が軽くなった。

こんばんは、たかれんです(*^^*)
今日は、東京・代々木にあるコミュニケーションスペース『ココトモハウス』が【学生限定DAY】でした!!

普段は誰でも12:00〜22:00なら入場可能(※日によって変動アリ)なのですが、本日は「22歳以下の方」のみの学生限定DAY!

私・鷹れんは「看板スタッフ」として滞在させてもらいました。初めての方を案内したり、お茶を出したりなど、おもてなしをする役割です。
学生限定DAYは、ココトモハウスとして初の試み!最初は私も「来てくれる人いるかな…」と不安だったのですが、高校生の人や社会で働いている人など、たくさんの方が訪れてくださいました。

その中でひとつ印象に残るシーンがあったので、それを紹介します☆

過去の悩みを吐き出すだけで、ちょっぴり心は楽になる。

今日は、「過去、不登校だった方」「最近学校に行こうとしてる方」がいらっしゃいました。
そして私自身も、かつて不登校に悩んだ1人。

誰かが「突然体が動かなくなって…」と不登校になった経緯を告白してくれたことをきっかけとして、それぞれが過去の経験や今抱える悩みを吐き出す時間となりました。

「涙が止まらなくて。でもなんで泣いてるのかが自分でも分からない」
「クラスメイトに遭うのがこわくて外出できない」
「学校に行っていないことに罪悪感があって、家でも休むことができない」
「学校に行かないことが決まると途端に元気になるから『サボり』と言われる」
「夜には準備するのに朝行けないのが分からない」

など、それぞれ想いを吐き出してくれました。

同年代しかいない、しかもそのほとんどは似たような経験(不登校、いじめ、家庭内不和など)をもっているということもあって、「分かる」と共感することが多かったです。

別にお互いにアドバイスをし合ったわけではありません。
相手を励ましたわけでもありません。

でも、こうしてお互いに打ち明けあったあと、なぜだか私の心は格段に軽くなっていたのです。

当時の私は、孤独な戦いを強いられていました。
誰も信用できず、相談できず、弱みを見せることもしたくなくて、でも耐えきれなくて。
罪悪感や、自己否定、さまざまな感情に押しつぶされてしまいそうでした。

でも、心のどこかでは
「私がすべて悪いんじゃないか」
「私が弱いだけなんじゃないか」
と思っていたのだとおもいます。

今日、打ち明けあうことで
「あなたが悪いんじゃない」
「あなたは特別じゃない」
「あなたの感情は、自然なものだよ」
と言ってもらったような気がしたのかもしれません。

なんだか、涙がでそうでした。

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

鷹れん
鷹れん

ティーンズプレイスを見ていただき、ありがとうございます。 管理人の鷹れんです(*´`) 小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家...

プロフィール詳細はこちら
鷹れんが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP