人は人を励ますことで、同時に励まされてもいる。

a1130_000131

こんばんは、鷹れんです(*´`)
先日、ある方に悩み事を相談させてもらいました。

相談内容は(結局いろんなことをポツポツと吐き出させてもらっちゃったんですが)「自分の存在そのものを認められない(能力や行動を評価してしまう)」「人から好かれるのを受け入れられない」というもの。

こうやってサイトを運営したり、イベントのスタッフをやったり、いろんなことに取り組んできた私ですが、苦手なことがあります。
「人から好かれる」ということです。

これは恋人、友達、家族、間柄に関わらず、全体的なもので。

「サイトを運営してるなんてすごいね!」
「この間のブログ感動したよ!」
など、私がやっていること・やったこと(できたこと)について褒められるのは嬉しいし有り難いのですが、

理由も無く「鷹れんさん好き!!」と来られると、(嬉しくないわけではないのですが)なんだか息苦しくなってしまいます。

本来の私はただの19歳です。

こうやってサイト運営をしているからか、よく「19歳とは思えない」と言われます。
しかし、紛れも無く私は19歳なわけで。

失敗だってするし間違います。一点に集中しすぎて盲目的になってしまうことだってあるし、ゲームにはしゃいで思わず年上の方に失礼な言動をとってしまうことだってあるんです。

「高校生のとき、始業の30分以上前に行って教室の掃除をしてた」と話すと「みんなのためにすごい」「きれい好きだね~」「几帳面だね~」と言われることがあります。
でも実際には、私自身が清潔な教室で授業を受けたいからやっていただけで、自分の部屋なんて昨日の書類がそのまんま~とかよくある話です。汚くはないと思うけれど、そうきれいなわけではありません。

無条件に「鷹れんさん好き!!」と言われると、なんだかその「きれい好きの(ように見える)部分」だけにスポットが当たっている気がして、私のいい部分しか相手は見ていない気がして、心の中に「拒絶反応」が生まれてしまうのです。

こいつは私を調子に乗らせて傲慢にしたいに違いない!
口ではあーだこーだ言いながら実際は陰で笑ってるに決まってる!

曲がりに曲がった解釈をして、心の中で警報を鳴らしていました。
この人は危険。心を許したってどうせ後で裏切られる。期待するな。鵜呑みするな。壁をはれ。傷つかぬよう自分を守れ。相手を外に追い出してしまえ!

人を拒否して、傷つけて、自分で孤独になったくせに身勝手に傷ついて、余計に心を閉ざして……

「よく見られたい」(そうしないと捨てられてしまう)
「ありのままを見てほしい」(それでも愛してくれる人がいてほしい)
複雑に気持ちは交差して、自分でも「自分がどうしたいのか」はよく分からないまま生きていました。

でも、本当は、
「迷惑をかけてしまうかもしれない」とか
「相手の負担になってしまうかもしれない」とか
「私にはその資格がないのかもしれない」とか
そういう「言い訳」を全部さっぱり無くして、自分の素直な気持ちだけを表現していいのなら

私の存在を愛してほしい

その一言に尽きます。
たったそれだけなのに、その上に「でも」「だって」「結局」といろいろなものを積み重ねて、自ら複雑にしていたんです。

人に相談してはじめてそのことに気がつくことができました。
……いや、本当はとうの昔に気づいていたのかもしれません。
でも認めたら弱くなってしまいそうで、伸ばした手をはじかれるのが怖くて、一度挫けたらもう二度と立ち上がれなさそうで、怖くて寂しくて苦しくて、「また人に傷つけられるくらいなら」と、自分の心に蓋をしていたんです。

きっとその人が「アドバイス」ではなく「私の言葉」にしてくれたから受け入れることができたのだと思います。
私がぽつりぽつりと想いを言葉にするたび「もし○○だったらどう思う?」「それでも相手が愛してくれたら?」と質問を投げかけてくれて、心のずっと奥のそのまた奥まで入り込んでくれました。最初はそのなめらかさに戸惑いも感じたけれど、踏み込まれたくないところには決して踏み込まないということを感じて、途中からは安心してその人の質問にこたえることができました。

頭のいいれんちゃんだからこう質問したら分かると思う。
50m走を走るときに「ずーっとムチで叩かれながら」走るのと「応援してもらいながら」走るのと、どっちが早く走れると思う?

(私が「そりゃ応援してもらいながらの方が……」とこたえると)

そうだよね、「応援してもらいながら」だよね。
じゃあれんちゃんも自分のことを応援しなくちゃ! そっちの方が、より高いところまでがんばれるんじゃない?
「メリット」で考えるんだよ。頭のいいれんちゃんならできるはず。

正確な言葉ではありませんが、こんなふうに言ってくれて、なんだかすっと心に落ちて体が楽になりました。
普段は気づいていなかったけれど、この小さい体にそぐわないほどの大きな荷物をこれまで抱えていたのだと思います。
その夜は久々にぐっすりと眠れて、とても幸せな時間を過ごすことができました。

そしてその人は私のことを「心の妹」と呼び、たくさんの愛を届けてくれています。

どうやら私は「励まされた」と同時に「励まして」もいたらしい。

a0001_014352

後日、相談にのってくれたことを感謝して体が軽くなったことを伝えると、

たかれんちゃんに、「大丈夫だよ」と伝えることで、いちばん救われてたのは、私だよ。

と教えてくれました。

そう、私は「励まされた」と同時に「励ましていた」のです。
彼女が私に伝えてくれたメッセージは、彼女自身にも伝わっていて。
私が受け取ったものは、私が与えているものでもあったりして。
そうやって、互いに支えあい、励ましあい、認めあい、愛しあっていたようです。

感謝でいっぱいなのに、むしろ感謝を伝えられてしまいました(*´`)

「存在そのものを愛する・認める」というのは、決して簡単なことではありません。
相手に伝えるにも「あなたの存在を愛しているよ」なんて胡散臭いし(笑)、いつも言葉にするときには「○○してくれて有難う」とか「○○できてすごいね」とか、相手の行動を基準にしたものになってしまいます。

でも本当は、その人がその行動をしなかったとしても大好きだし大切だしこれからも仲良くしていきたいです。今の私には、そう思える人が何人もいます。

全員に今すぐ「存在そのものを愛してますよ!!」なんて伝えることはできないけれど。
少しずつでも、言葉や行動で、その愛を伝えていけたらと思います。

これからも、頼りながら。頼られながら。ゆっくりと、私たちのペースで。

鷹れん

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

鷹れん
鷹れん

ティーンズプレイスを見ていただき、ありがとうございます。 管理人の鷹れんです(*´`) 小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家...

プロフィール詳細はこちら
鷹れんが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP