TBS『報道特集』をご覧になった方へ!当サイトのご案内

こんにちは、鷹れんです。
本日、当サイト「ティーンズプレイス」がなんと、TBSの番組『報道特集』に取り上げられました!

S__10920302

放送テーマは「不登校」「いじめ」の防止!
9月1日は、18歳未満の自殺がもっとも多い日です。新学期が始まるこの時期は、居場所を無くした小中高生にとって最も苦しくつらい時期です。
そのため番組では「不登校」「いじめ」の防止をテーマにしたコーナーが設けられ、そこでティーンズプレイスの取り組みを紹介していただきました。(取材していただいたときにとっても緊張していたのはここだけの秘密です。笑)

ティーンズプレイスは、不登校やいじめ、さらには家庭の問題に悩む10代のためのコミュニティサイトです。利用者のほとんどが当事者であることはもちろん、運営もすべて当事者である10代の仲間たちによっておこなっています!

今回、番組を見てこのサイトにたどり着いてくださった方も多いと思いますので、このブログでは、ティーンズプレイスについて「ぜひ知っていただきたいこと」をまとめてみました。

「不登校」「いじめ」で苦しんでいる方も、苦しんでいるお子さんを持つ親御さんも、ご覧いただけると幸いです。

◆目次

「不登校」「いじめ」で苦しんでいる方へ

「不登校」「いじめ」で苦しむお子さんを持つ方へ

「不登校」「いじめ」で苦しんでいる方へ

伝えたい想い

まずは、このサイトに訪れてくれて有難うございます。
『報道特集』を観て、いかがでしたか? 少しでも気持ちは軽くなったでしょうか。

私自身、小学生のときには既に家に居場所は無く、中学生のときにいじめが原因で不登校になり、高校生のときには味方がいない状況で、常に戦っていました。大丈夫なふりをして、心を鎧で覆って、笑顔の仮面をつけて……一度挫けたらもう戻れなくなってしまいそうで、嘘ばかり吐いていました。

「お前の親なんか辞めてやる」「一度外に出ちまえば大丈夫なもんなんだよな」「嘘吐き」「お前なんかいらない」「出ていけ」
親から言われた言葉は、すべて覚えています。
先生のことも信用できず、まわりは敵ばかりでした。

しかし、中学生のときの転校を機に信頼できる先生と出会い、がんばるきっかけを得て、いじめを克服する体験をして……今では「学校の先生」を目指すまでに至りました。

まだまだトラウマに苦しんでいるし、忘れていたはずの言葉を思い出して死にたくなることもあります。自傷行為も経験しました。自殺未遂もやりました。学校をサボったこともあるし、親を本気で殺そうと考えたこともあります。

でも、「死ななくてよかった」「殺さなくてよかった」今ではそう考えています。
あなたの信頼できる人になりたいとは言いません。
ただ、あなたのように「いじめ」「不登校」といったものに苦しんできた(苦しんでいる)私でも、こうしてサイトを運営し、テレビに出演したり、自分の想いを発信し、夢を叶えることが出来ています。

このサイトが、私がどれだけのことをあなたに伝えられるかは分からないけれど。
ここには、あなたを笑う人も、あなたを非難する人もいません。どうかそれだけは、心に留めておいていただけると幸いです(*´`)

「交換日記」のご紹介

私が不登校だったとき、ずっと「同じ立場の子」をさがしていました。
しかしネット上には「保護者向けの記事」「大人からのメッセージ」が多く、なかなか当事者と出会う場は見つかりませんでした。

その当時の想いから、当サイトでは「相談」ではなく「対話」に重点を置いています。教える教えられる・相談するされるの間柄ではなく、メンバー・訪問者関係なく、対等な立場で交流することを大切にしているのです。

そうして出来上がったのが「交換日記」。学校でやった経験のある人も多いのではないでしょうか。

実際に見ていただければ分かるのですが、交換日記は「交流」をメインにしたサービスです。
「友達がほしい」
「誰かの力になりたい」
「料理をした記録」
など、日々のできごとや想いを自由に投稿していただけます。

「不登校でなければ利用できない」等といったことはありませんので、まずは一度覗いてみてください^^

「不登校・いじめの掲示板」のご紹介

今回の『報道特集』でもテーマとなっていましたが、「不登校」「いじめ」というのはとても身近で、とても苦しい問題です。学校の友達には相談できない、家族には話したくないということもあるでしょう。
ネット上の繋がりであるティーンズプレイスだからこそ、相手の顔が見れないからこそ分かることもあるのではないでしょうか。

「交換日記」の部分で書いたとおり、ティーンズプレイスには「悩み相談」のサービスはありません。けれど、お互いの悩みを聞きあって、共感できる部分はして、気持ちを軽くするお手伝いができたなら、それはとてもステキなことだと想うのです。

ティーンズプレイスには、「不登校の掲示板」「いじめ掲示板」があります。それ以外にも「勉強の悩み掲示板」「家族の悩み掲示板」等といった掲示板がありますので、自分の悩みにあったカテゴリーに投稿してみてください(*´`)
訪問してくれた方はもちろん、メンバーからもコメントをさせていただく場合があるので、そのときには仲良くしてくれたら嬉しいです♡

「おすすめブログ」のご紹介

「いじめ」「不登校」で苦しむお子さんのいる方へ

伝えたい想い

当サイト「ティーンズプレイス」をご覧いただき有難うございます。代表を務めております、鷹れん改め中村玲菜と申します。
小学生から高校生まで、計5度のいじめを受けました。不登校になったことも、自傷行為や自殺未遂をしたことも、自力で解決したこともあります。

そんな私から、「いじめ」「不登校」といったことで苦しむお子さんのいる方へ、ひとつだけお願いがあります。

「学校に行かない」ということを、あまり特別視しないでください。
お子さんのことが大切だからこそ、学校に行かない期間が長引いたりすると不安になりますよね。わが子の将来は大丈夫だろうか、このまま引きこもりになってしまわないだろうか、進学は出来るのだろうか……。
私は中学一年生のときに二度、計半年以上の期間を不登校児として過ごしました。それでも高校に進学し、今では大学で教職課程をとるまでになっています。

今の社会には、学校に行かなくても学べる場所がたくさんあります。通信制高校、フリースクール、お子さんに合うのなら家庭学習で高卒認定(大検)を受けるのもいいでしょう。

子どもたちにとって、学校というのは世界の半分を占めています。残りの半分は家庭です。
親御さんに「学校に行きたくない」ということを伝えるのは、とても勇気のいることです。その行動が、「学校に行かない」ということがどれほど異質なことかを、子どもたちはとうの昔から知っているからです。知っていても、それでもどうしようもないほど苦しくて、悩んで、やっとあなたに吐き出せているのです。

子どもの声を、塞がないでください。聞いてください。
子どもは、大人たちが想っているよりずっと多くの問題を抱えています。ずっとたくさんのことを考えています。

不登校になっても生きていけます。学校に行けなくても生きていけます。自ら命を諦める、という選択肢を子どもがとらなければ。

「どんな言葉をかけたらいいのか分からない」「どうすれば傷つけずに伝えられるかが分からない」と悩んだときには、ぜひ抱きしめてあげてください。
言葉なんて必要ないほどに、きっとあなたさまの愛情が伝わります。
子どもは最初は嫌がるかもしれません。涙を流すかもしれません。あなたの背中を叩くかもしれません。
それでも、抱きしめてあげてください。

愛情は、人を生かす力を持っています。
人は言葉は嘘を吐けるけれど、行動で嘘は吐けません。抱きしめることが出来ないのなら、手を繋ぐでも、ハイタッチでも、頭を撫でるでもかまいません。目を見てあげてください。触れてあげてください。
そしてどうか知ってください。
あなたが触れたその小さな身体が、どれほどの苦しみを背負って生きているのかを。

「おすすめブログ」のご紹介

「寄付」のお願い

ティーンズプレイスを運営する団体「ココトモ」では、2013年3月のサイト設立以来、悩みを抱えている人たちに向けて「いつでも、誰でも、無料で相談できるサービス」を広めるために活動をしてまいりました。

現在では、下記3つの取り組みをおこなっています。

  1. 無料相談サイトの運営(ココトモ、ティーンズプレイス、集え!過食女子)
  2. コミュニティスペースの運営(ココトモハウス@東京・代々木)
  3. 自立を支援するシェアハウスの運営(2016年11月設立予定)

ティーンズプレイスをはじめとした無料相談サイトには年間約100万人以上の方々が訪れます。そして、無料相談を基盤とした運営を続けていく上で、一番のネックとなっているのが「資金の確保」です。

活動の多くはボランティアメンバーに支えられていますが、継続的に維持・展開させるためにはどうしても恒常的なスタッフも必要となり、人件費に広告費なども合わせると年間数百万円の費用がかかります。

多くの悩みを抱える方たちの手助けとなれるよう、どうか、皆さまより活動資金のご援助を頂けると幸いです…!

ご寄付は1,000円より承っております。
頂いた寄付金は、ティーンズプレイスをはじめ、「いつでも、誰でも、無料で、相談相手が見つかるサービス」を世の中に提供するために使用させて頂きます。

▽寄付の詳細はこちら(ココトモHP)
http://kokotomo.com/donation/

終わりに

最後までお読みいただきありがとうございました。
きちんとしたかたちでの取材は生まれて初めてのことだったので、私自身とても緊張しました(*´`)今でもちょっぴりドキドキしています。笑

ですが、今回の取材を通して「頑張り続ければ報われること」そして「今後は当事者だけでなく大人への発信も大切にしていきたいこと」の2つを感じることができました。ティーンズプレイスにとってはもちろんのことですが、私にとっても貴重な体験となりました。

これからも想いは変わらず、家や学校に居場所のない10代のためにティーンズプレイスを運営していきますので、皆さま今後ともどうぞよろしくお願いします。

鷹れん

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

鷹れん
鷹れん

ティーンズプレイスを見ていただき、ありがとうございます。 管理人の鷹れんです(*´`) 小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家...

プロフィール詳細はこちら
鷹れんが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全4件のコメント

  1. 鷹れん 2016/9/7 21:29

    マサさん
    報道特集を見てくださって有難うございます!
    マサさんの心の声が、担当の方の心に響いたからだと思います。
    安心していただけたならなによりです。これからもよろしくお願いいたしますね☆

  2. 鷹れん 2016/9/7 21:28

    モモコさん
    報道特集を見てくださって、有難うございます(〃^∪^〃)
    いつもお手伝いしていただいて、有り難いです。これからも、よろしくお願いいたします

  3. マサ 2016/9/3 20:02

    私も見ましたよ!
    自分のスレが出てきて読まれてて、ビックリしました。笑
    鷹れんさんがテレビに映っていて、優しそうな方だなと思い、安心しました。
    これからも応援しています。

  4. モモコ 2016/9/3 19:48

    報道特集を、見ましたよ。
    お手伝いさせてもらってます。
    アドバイスぐらいしか、出来ませんが・・・。
    これからも、宜しくです。
    側で、応援してますね。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP