学ぶだけでは何も得られない

こんばんは、鷹れんです(*´`)
私は、「学ぶこと」が大好きです。いわゆる知的好奇心が旺盛というやつで、自分の知らないことが目の前に現れると途端にうずうずしてしまいます。

しかし「学ぶ」ということは、それだけでは役に立ちません。
私がどれだけ数学を学ぼうと、教え方を学ぼうと、ただそれを自分の知識にして蓄えているだけでは、私が満足するだけで終わってしまうのです。

けれど例えば私が数学を学んで後輩や生徒さんに教えるとか。
ライティングを学んでそれぞれに伝わりやすい言葉で別の人に伝えていくとか。
伝え方について学んでより分かりやすく自分の体験談を発信していくとか。

学んだことを誰かに教えたり、学んだことを自分のスキルアップに繋げたり、“次”へ繋げることが出来れば、また誰かが学ぶ機会を得るのではないでしょうか。

「教える」のは、損?

私は小さいときから自分の知識を披露したり誰かに伝えることが好きだったので、学校でもよくクラスメートや後輩に勉強を教えていました。
人によって伝わりやすい方法を考えて、躓いている箇所を把握して、ひとりひとりに合った勉強方法を伝えていくというのは、ほんっとうに難しくて、ほんっとうに楽しい時間でした。
しかしそんなことを繰り返していたとき、ある友人から「教えるのって損じゃない?」と訊かれたのです。彼女の言い分は以下の通り。

せっかく自分が苦労して勉強してきたことを簡単に人に伝えてしまったら、せっかく自分が優位に立てていたのに相手も賢くなって自分の順位が落ちてしまう。だから自分で学んだことは自分だけの取り分にしてまわりに分けないほうがいいんじゃないのか?

知識は、人に伝えて、知恵になる

内容に関わらず、どんなものも教えることでまた新しいことを知ることができます。
どれだけ初歩的なことだとしても、教えている中で忘れている公式があったり、もっと簡単な教え方をできるようになったり……教えることで、こちらも学ぶことができているのです。

私が一人で学び続けるだけでは、それは「知識」になるだけです。
でも人と話し、伝え、教え、そして自分がもう一度学びなおすことで、アウトプットとインプットを繰り返すことで、「知識」は「知恵」になります。

そうしてやっと、学んだことが実生活の中に活かせたり、「苦労して学んでよかった」と感じられるようになるのではないでしょうか。

だから私は「教えること」を損だと思ったことはないし、もはや「教えていただいて有り難い」とさえ考えていました。だって、教えるっていうのは一方通行の行為ではないから。教えることで、教えてもらっているから。
むしろ「教えることは損」と自分だけの殻に閉じこもってしまうほうが、勿体無いんじゃないのかなぁ。

鷹れん

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

鷹れん
鷹れん

ティーンズプレイスを見ていただき、ありがとうございます。 管理人の鷹れんです(*´`) 小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家...

プロフィール詳細はこちら
鷹れんが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP