「悲劇のヒロイン」について考えてみる

最近よく「悲劇のヒロイン」なんて言葉を耳にします。

悲劇のヒロイン、ヒーロー。

「悲劇のヒロインぶるなよ」とか言われてきたのもあってなんとなく相手を非難・否定するときにつかわれるイメージを持っていたのですが、最近は変わってきています。

悲劇のヒロインって、ダメなのかな

「悲劇のヒロイン」ってどんな感じでしょう?

私はこんなにかわいそうなの。だから慰めて。がんばってるのを見て。褒めて。独りにしないで。私はこんなにこんなに苦しいの。悩んでいるの。助けて、誰か助けて。

言ってしまえば「かわいそうアピール」ってところでしょうか。

どちらかといえば、褒めるときにはつかわれないですよね。非難されるときにつかわれることが多いでしょう。

けれど私は「悲劇のヒロイン」を肯定的に捉えています。

悲劇のヒロインになれないのは、苦しい。

私には「かわいそうアピール」をしきりに行っている時期がありました。

本当は「好き」って言ってほしいけれど、「嫌い」よりも「無関心」のほうがイヤで、孤独でこわくて悲しくて、誰かに見てほしくて、必死に自分を表現していました。

当たり前だけどそれを受け入れてくれる人はいなくて、結局またひとりぼっちになってしまいました。そんなことから私は、自分のことを話すことをやめました。特に愚痴や弱音の類はどうしても言えませんでした。

言い出したら止まらないし。言ってもどうせ否定されるし。加減なんてわかんないし。だったら最初から諦めたほうが楽じゃない。

そんなふうに考えていました。

けれど今は、こう思うんです。

悲劇のヒロインになれないのは、苦しい。

別に、「かわいそうアピールを受け入れて」なんてことではなくて。

つらいときにつらいと言えないのは、孤独なときに助けを求められないのは、苦しいです。

私は一時期弱音を吐けなくなりました。自ら吐かないでいるうちに、吐き出し方がわからなくなってしまったんです。気づいたら、泣くことも笑うこともできなくなっていました。

今自分が楽しんでいるのか、悲しんでいるのか。生きているのか、死んでいるのか。続けたいのか、やめたいのか。自分のことはなにもかも分からなくなってしまって、もう助けを求める事もできませんでした。

私は幸いなことにその後数々の縁に恵まれて、再び泣けるように、再び自分の感情がわかるようになったけれど、それはほんとうに稀で、幸福なことだったと思います。

「できないことをする」のはすごーく難しいです。「できることをしない」のはわりと簡単です。でも意外と「しなくなったことをする」のは難しいものです。

できることはしちゃいましょう。

それを非難する人がいても、「こうするべきだ」と言ってくる人がいても、やっちゃっていいんです。それを受け入れてくれる人は、必ずいるから。

鷹れん

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

鷹れん
鷹れん

ティーンズプレイスを見ていただき、ありがとうございます。 管理人の鷹れんです(*´`) 小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家...

プロフィール詳細はこちら
鷹れんが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP