人はいつでも変われる?「変化」について思うこと

こんばんは、鷹れんです。
今日は「変化」についての話です。

最近、よく人に対して「変わったなぁ」と感じることがあります。

人はいつでも変われるし、変わらなくたっていい。

結論から言えば、人はいつでも変わることが出来ます

「変わる」というのがどの程度かにもよるけれど、過去だって“意味合い(その過去をどう捉えるか)”はいつでも見直せるし自分の中で変えることが出来ます。過去以外にも「生き方」「考え方」「人生の中で大切にするもの」「どんな人間関係を築くか」……等、私たちはいつだって自由に選ぶことができるんです。

年齢を重ねれば重ねるほど変化はできなくなるといいます。確かに難しくはなります。19歳の私さえ「今さら挑戦するのもなぁ……」と尻込みしてしまうことが多くなりました。アルバイトも大学二年生となると「年上の後輩/年下の先輩」というすこしフクザツな関係性ができあがり、少々やりづらいです^^;

けれど、不可能にはなりません。定年退職してから新しい仕事を始める人もいますし、そりゃ「プロになる」くらいになると難しいかもしれませんが「これから先続ける趣味を見つける」とか「生き方を変える」とか、そういう挑戦はいくらだってしていいと思うのです。もしかしたら類稀なる才能を発揮してプロフェッショナルまで上り詰めることになるかもしれません。

どんな目標であろうとも、正しい手順で正しい量の努力をすれば不可能ではないのです。

「変化」には時間がかかる。

ただどんな変化にも、それ相応の時間がかかります。どれくらいの時間がかかるのかは「今どういう状況なのか」「どんな風に変わりたいのか」によって変わりますが、特に価値観や生き方を変えたいのなら見合った覚悟が必要です。

「その目標を叶えるために必要な努力」だって違います。これをすれば100パーセント夢が叶うとか、そんな魔法のようなものはありません。どれだけがんばったって報われない人はやっぱり一定数存在するし、それはどうしようもない現実です。私だって、思いつく限りの方法を試したけどやっぱり上手くいかなかったものはたくさんあります。

変化したからといって状況がよくなる保障はどこにもなくて、「なんでここまで頑張ったんだろう」ってすべてがムダになってしまったかのように感じることもあります。

そう考えると、変化なんてしようとせず今のまま平和に平穏に生きたほうがいいのかもしれません。

けれど私は今の「私」にやっぱり満足できなくて、これからも変化の道を選びます。茨の道です。傷だらけになりながら、それでもすこしでも立派な人間になるために、「叶えたいもの」を叶えるために、私は前を見据え続けます。

鷹れん

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

鷹れん
鷹れん

ティーンズプレイスを見ていただき、ありがとうございます。 管理人の鷹れんです(*´`) 小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家...

プロフィール詳細はこちら
鷹れんが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP