差別と区別

ある小学校で、こんなことがありました。

その日は年に一度の体育祭。多種多様の競技で競争しながら、組の得点を競います。皆さんも学生時代に経験があるのではないでしょうか。私にも、汗だくになりながら必死に走り回った記憶があります。
学校により競技はさまざまですが、やっぱり定番なのは徒競走ですよね。その小学校でも徒競走はありました。

しかし、皆さんの記憶とはすこし違うかもしれません。
横一線に並んで、よーいドンで一斉に走り出します。もちろん走る速さは人によって違うから、速い子はあっという間にゴールへ向かっていきますね。そしてゴールまで10メートルというところで、足踏みを始めるのです。
そして遅い子もみんな横一線に並んだところで、手を繋いで、みんなで一斉にゴールをする。

「足の速さで順位をつけるのは差別になるから、みんなで手を繋いで一緒にゴールをしよう」
そういう考えのもとにうまれた、徒競走のかたちでした。

私がこの話をきいたとき、ある一つの疑問が生まれました。

差別ってなんだろう?

よく差別と比較されるのが「区別」です。この二つの違いは人によって変わると思いますが、私の中では明確な違いがあります。

区別は、同じ土俵に立つためのもの。

差別は、土俵を降ろさせるためのもの。

だから私にとっては、「足の速さで順位をつけるのは差別になるから、みんなで手を繋いで一緒にゴールをしよう」という考え方こそ差別のように感じてしまうのです。

足の速い子、スポーツが得意な子にとって運動会というのは貴重な晴れ舞台のひとつです。勉強が苦手でも、普段は叱られてばかりでも、スポーツが得意なら運動会では存分に活躍することが出来ます。もしかすると人によっては毎日地道に走りこみなどの練習をしているかもしれません。

けれどいくら練習しようと、いくら速く走ろうと、もらえるのはみんな一緒のメダル一枚。すべての努力が泡となって消えてしまいます。

足の速さで順位をつけるのは差別になるのでしょうか。

例えばそれが「盛り上がるように、タイムが同じくらいの子同士で走るようにしよう」とか「足の遅い子は嫌かもしれないから立候補制や選抜制にしよう」とかいうんだったら、正当な区別だと思います。

普段から練習を積んでいる陸上部の子と、運動の苦手な子が一緒に走るというのは、どちらも面白くありません。勝ちと分かりきっているレースも負けと分かりきっているレースもつまらないですよね。そもそも「面白い」「つまらない」以前にとても子どもたちにストレスを与えてしまいます。

そういった場面を避けるために対策をとるのであれば、それはただしい区別です。

しかし「足の速さで順位をつけるのは差別だから」と活躍の場を奪ってしまってもいいのでしょうか。

足が遅くても、どんな子も活躍できるシーンがあるはずです。絵が上手いならイベントのポスターを手がけてもいいし、細かい作業が得意なら文化祭でアクセサリーをつくってみてもいいかもしれません。歌が得意なら合唱祭で活躍すればいいし、勉強が得意なら日頃のテストで力を発揮すればいいんです。

どんな子にも、強い部分と弱い部分があります。

それを「差別だから」とフタをしてしまうのではなく、「自分の強みを知って活かそう」というのが大切なのではないでしょうか。

人の弱味が出るのを危惧して強みまで潰してしまっては、いずれその子の心まで潰してしまいます。私は走るのは苦手だったけれど、当時美術部だったのもあって体育祭でクラスの旗を作成しました。賞をとることは出来なかったけれど、いろんな人に褒めてもらえたのは今でも大切な思い出です。

差別と区別。難しいけれど、ただしい区別を差別だとせず、差別を区別だとせずに、適材適所で生きていきたいものです。

鷹れん

ティーンズプレイスをフォローする!

匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

このブログと一緒によく読まれているブログ

このブログを書いた人

鷹れん
鷹れん

ティーンズプレイスを見ていただき、ありがとうございます。 管理人の鷹れんです(*´`) 小学校2年生、はじめていじめを受けました。 中学生になってからもいじめられて、はじめて不登校になりました。 不登校になってから、家...

プロフィール詳細はこちら
鷹れんが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

全2件のコメント

  1. 鷹れん 2016/9/7 22:15

    匿名さん
    コメント有難うございます^^
    共感してくれて嬉しいです。
    これからもよろしくお願いします♪

  2. 匿名 2016/7/27 15:04

    このブログ、読んでて共感しました…!

ティーンズプレイスの仲間募集中!

ティーンズプレイスでは、お互いに支え合っていける仲間を募集しています。あなたもぜひご応募ください☆

ご応募はこちら!


  • 匿名で投稿!誰にも知られずに、学校にいじめ報告ができるサービス

ページTOP